ブログ

2019.03.27更新

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

 

 

歯科訪問診療とは

昔は往診とも呼ばれていましたが

歯科医院に通院が困難な方のために

自宅、施設等に伺って

行う歯科診療です。

 

虫歯の治療だけでなく

入れ歯やお口の中の状態のチェックや

口腔ケアなどを行います

往診バック 

祖父の代から使用

 

 

 

歯科訪問診療の対象となる方は

要介護の高齢者の方

歩くことが困難

脳血管疾患、骨折、認知症などの

通院困難な方が対象です。

 

 

これからは高齢化社会で

通いたくても通えない患者さんが

増えてくることが予想されます。

 

 

お口の中に痛みがあるが通院ができない。

痛いとこがあるがそれを訴えることができない。

認知症で痛みを忘れてしまう

など、様々な問題が出てくる可能性があり

 

ご家族の方や

ケアマネージャー(介護支援専門医)

周囲の方々のサポートも

大切になってきます。

 

 

昔に比べ

診療室に近い器具が増え

自宅、施設でも治療の幅が増えています。

 

例えば、歯を削る道具や

レントゲン機器

水を出しながらの歯周病治療など

診療室に近い治療が可能になってきています

訪問グッズ 

 

しかし高齢化が進む事で

認知症などの、病気の多様化、複数の病気に罹患

服用薬の増加により

歯科治療が困難になることもあります。

 

そのため通院困難になる前の

歯科治療の大切さを理解する必要性が出てきています

 

虫歯治療、歯周病治療、義歯作成

保存困難な歯の抜歯など

 

痛みや腫れで歯を抜きたい時に

服用薬の関係ですぐに抜歯ができない

認知症のため治療の協力を得られない

歯がなくなって噛むところがなくなってしまった

 

このように困ってしまう前に

通院できる間に

できる治療はやっておくことをお勧めします。

 

 

歯科訪問診療は

治療だけでなく、現在の歯を残すためや

口の中を清潔にするための

口腔ケアにも力を入れています。

口腔ケアグッズ 

手が不自由であったり

食べ物が柔らかいことで

お口の中に汚れが残ってしまうと

そこから細菌が増え

誤嚥性肺炎になる率が高くなってしまう

 

その予防のためにも

口腔ケアはとても大切で

歯はもちろん、口腔粘膜や舌苔を綺麗にします

 

口腔ケアをする事で

誤嚥性肺炎のリスクを減らしたり

手術等の入院の期間を減らせることができる

というデータも出てきています

 

他には

飲み込みがしずらい

むせてしまう

など飲み込みの機能が落ちてきた人には

摂食・嚥下機能の訓練なども

歯科訪問治療の一つです

 

機能訓練は

個人個人に合わせた訓練が必要で

機能が弱っている所をまずは調べるところから始まります

 

噛む力が弱いのか

姿勢の問題なのか

飲み込みの力が衰えてきているのか

 

弱っているところに対しての

機能訓練が必要です。

 

 

費用については

基本は、医療保険の適用で

場合により、介護保険が適用されることがあります

 

まずは

心配やお困りのことがあれば

かかりつけの歯科医院に

ご相談することをお勧めいたします

 

 

 

一人でも多くの人の

早期発見、早期治療に向けて

 

似顔絵

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

『いつまでも自分の歯で噛むために』

上野毛駅より徒歩1分

歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへお越しください。

TEL 03-3701-0550

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog