インプラント

インプラント

自分の歯に近い

インプラントとは、何らかの理由で歯を失ってしまった場合に、チタンでできた人工歯根を顎の骨の中に穴を開けて埋め込むことで、自分の歯に近い、固定性の歯を回復できる治療法です。チタンは人工関節などにも使われます。骨の中に入れたインプラントは、一定の治癒期間(数ヶ月)をおくことで、骨と一体化します。インプラントが骨と固定されれば、そこからは一般の歯科治療と同じで、型をとって歯の形のものを取り付け、固定性の歯が完成します。上野毛の歯医者、川田歯科クリニックでは、患者さまに合わせた治療計画を進めていきますので、まずはご相談ください。

一般的なインプラント治療の流れ

1.治療計画・カウンセリング

埋め込むインプラントを決めます。インプラントを埋める骨の状態を良く調べ、最終的に装着する人工の歯の形や噛み合わせを決めておき、それにあったインプラントの太さや長さを決定します。

 

2.麻酔をして、歯茎を切開する

手術開始です。まず、局所麻酔をします。インプラントの手術は、通常の歯科の麻酔なので、ほとんど痛みはありません。次に、埋める場所の歯茎を必要なだけ開き、骨を整形します。

 

3.あごの骨に穴をあける

ガイドドリルで埋め込む方向を決めたあと、事前に決めた深さまで、ドリルを使って骨に穴をあけます。その後、再び深さと方向を確かめ、決められた太さまで穴を広げます。

 

4.インプラントを埋め込む

滅菌されたインプラントを容器から取り出し、専用の器具を使って、先ほどあけた穴に埋め込みます。次に、インプラント体にカバースクリューを取り付け、歯茎を付け、閉じて縫合します。ここまででインプラントの埋め込みは終了です。

 

5.インプラントと骨が結合するまで待つ

インプラント手術後は、通常の抜歯と同じように薬を出します。前歯など、外から見える所は仮歯を入れます。この状態で3ヵ月~4ヵ月の期間をおき、骨と完全に結合するまで待ちます。(インプラントの種類、埋める場所、方法によって異なります。)

 

6.人工の歯の土台を取り付ける

インプラントと骨とが結合したら、インプラントに付けていたカバースクリューをはずし、歯茎の形を整えるための一時的な土台(アバットメント)を装着します。さらに1~2週間後、人工の歯を装着するためのアバットメントと交換します。仮歯を装着して調整したあと、最終的に人工の歯を装着します。

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog