矯正歯科

矯正歯科

全く新しい取り外し式の歯列矯正法「SH療法」

上野毛の歯医者、川田歯科クリニックの矯正は、取り外し式矯正装置を使い、歯をなるべく抜かずに、歯が並んでいる土台である顎を広げてスペースを作り、噛める口腔を作る 「SH療法」をおこなっています。

なぜ歯並びが悪くなるの?

歯並びが悪い状態を「歯列不正」といいますが、この多くは、「狭窄歯列」によって起こります。これは、顎が発達せず、歯が十分に並ぶことができる大きさがないことが原因です。近年、軟らかいものばかりを食べるようになり、子どもの顎は小さくなっているといわれます。上野毛の歯医者、川田歯科クリニックはSH療法をおこなうことにより、子どもの成長する力を使って、顎の成長を促しながら歯並びを整えていくことができます。

目立たない、歯磨きも可能

SH療法は、独自に開発されたスライデックス(SlideX®)という、スプリングを組み込んだ取り外し式装置を使用します。夜間睡眠時8時間が使用する目安で、本来の顎の大きさまで広げる「顎の拡大治療」が可能です。取り外し式なので歯磨きもしやすく、外から見ても目立ちません。小児矯正のほうが効果を発揮しますが、成人矯正も可能です。

全身の疾患も予防します

SH療法は、歯並びを整えるだけでなく、口腔の機能を改善して、全身的な機能の改善にもつながります。歯列不正から起こるむし歯や歯周病だけでなく、睡眠時無呼吸症候群、顎関節症などのさまざまな疾患や、鼻炎・頭痛などの諸症状や、滑舌にいたるまで、SH療法によって改善の報告が多く集まっています。SH療法は、全身の疾患の予防法のひとつでもあるのです。

口腔筋機能療法(MFT)も実施

お口の筋肉のバランスが悪いことも、歯並びが乱れる原因となります。上野毛の歯医者、川田歯科クリニックでは、お口の筋肉を正常に働かせ、さまざまな悪影響を防ぐために、「口腔筋機能療法(MFT)」というトレーニングも実施しています。MFTは、訓練によってお口の筋肉を鍛えることで、口腔環境を整えていく治療法です。お口周りのトレーニングによって、口唇や舌、頬などの筋肉を強化したり、正しい飲み込み方を練習したりして、習慣化させていきます。

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog