矯正歯科

矯正歯科

全く新しい取り外し式の歯列矯正法「SH療法」

取り外し式歯列矯正法[SH療法]

上野毛の歯医者、川田歯科クリニックの矯正は、取り外し式矯正装置を使い、歯をなるべく抜かずに、歯が並んでいる土台である顎を広げてスペースを作り、噛める口腔を作る 「SH療法」をおこなっています。

なぜ歯並びが悪くなるの?

歯並びが悪い状態を「歯列不正」といいますが、この多くは、「狭窄歯列」によって起こります。これは、顎が十分に発達せず、歯が並ぶことができる大きさがないことが原因です。近年、軟らかいものばかりを食べるようになり、子どもの顎は小さくなっているといわれます。上野毛の歯医者、川田歯科クリニックはSH療法をおこなうことにより、子どもの成長する力を使って、顎の発達を促しながら歯並びを整えていくことができます。

目立たない、歯磨きも可能

SH療法は、独自に開発されたスライデックス(SlideX®)という、スプリングを組み込んだ取り外し式装置を使用します。夜間睡眠時8時間が使用する目安で、本来の顎の大きさまで広げる「顎の拡大治療」が可能です。取り外し式なので歯磨きもしやすく、基本的には日中使用しないため目立ちません。小児矯正のほうが効果を発揮しますが、成人矯正も可能な場合があります。

全身の疾患も予防します

SH療法は、歯並びを整えるだけでなく、口腔の機能を改善して、全身的な機能の改善にもつながります。歯列不正から起こるむし歯や歯周病だけでなく、睡眠時無呼吸症候群顎関節症などのさまざまな疾患や、鼻炎・頭痛などの諸症状や、滑舌にいたるまで、SH療法によって改善の報告が多く集まっています。SH療法は、全身の疾患の予防法のひとつでもあるのです。

口腔筋機能療法(MFT)も実施

お口の筋肉のバランスが悪いことも、歯並びが乱れる原因となります。上野毛の歯医者、川田歯科クリニックでは、お口の筋肉を正常に働かせ、さまざまな悪影響を防ぐために、「口腔筋機能療法(MFT)」というトレーニングも実施しています。MFTは、訓練によってお口の筋肉を鍛えることで、口腔環境を整えていく治療法です。お口周りのトレーニングによって、口唇や舌、頬などの筋肉を強化したり、正しい飲み込み方を練習したりして、習慣化させていきます。

小児矯正

お子様の矯正について

現在の子どもはかむ力が低下し、その影響で歯並びやかみ合わせが悪くなってしまう傾向があります。かみ合わせが悪いとむし歯になりやすくなったり歯周病のリスクが上がるだけでなく、発音がしにくい、姿勢が悪くなるなど身体にも多くの弊害が起きます。

子供の矯正 Q&A

Q:矯正って期間はどれくらいかかるの?

A:△当医院で行なっている取り外しの矯正

 床矯正(SH療法)は小さい年齢(小学校低学年)だと歯が生え変わり始めた年齢のため個人差はありますが5、6年はかかると思います。ほとんど歯が生えてきている中学生で3〜5年はかかります。期間は年齢が上の方が歯が生えているため、短めになりますが、なるべく早い時期に始めた方が顎が正常に発育する事ができるため、少しでも早い時期からの矯正、口腔育成をお勧めいたします。

△一般的なワイヤーでおこなう方法だと、小学生の頃の一期治療と歯が生えそろってきた二期治療があり、それぞれ3〜4年はかかります。矯正後の歯の後戻りを防ぐ保定の期間を入れるともう数年かかってくることがあります。

 

Q:費用はどれくらいかかるの?

A:一般的な矯正は100万〜かかると思いますが、当医院の床矯正(SH療法)は40〜80万で、期間や症例の難しさによって費用が異なります。当医院は基本的にトータルな治療のため1装置でいくらではなく、必要な装置を必要な時に使用する全てを含めた費用になっています。

たまに部分的とか、小さい年齢のため装置がちゃんと使えるかわからない場合、転勤、移動など特別な事情の場合は1装置の費用で対応させてもらっています。

 

Q:痛みはあるの?

A:ワイヤー矯正の場合、一番最初に動かし始めた際は数日間痛みもしくは噛みずらい症状がでる場合があります。また、毎月の調整をした数日間も痛みや噛みずらい症状がでる事がありますが、歯が動いている証拠ですので、人それぞれで慣れていくとそれほど苦に感じない事が多いです。

 取り外しの矯正の場合はワイヤーに比べると痛みは少ないですが、歯肉のあたりをおす関係で口内炎様の傷や痛みがでる場合があります。その際は、調整するとすぐに痛みが取れる事が多いです。どちらも慣れるまでは痛み、違和感などが出る可能性はあります。

 

Q:矯正治療中に虫歯は大丈夫?

A:ワイヤーの場合、歯ブラシが難しくなるため適切な歯ブラシが必要になります。歯ブラシの仕方、小さい歯ブラシの使用など虫歯にならないための指導はもちろん、場合によりフッ素塗布をお勧めしています。

取り外し式の場合、通常の歯ブラシでそれほど問題ないですが、どちらの場合も口の乾燥に注意する必要があります。

 

Q:通院間隔は?  

A:個人差はありますが3~4週間(1ヶ月)に1回です。

 

Q:トラブルがあった場合は予約日まで待つの?

A:取れた、かけた、痛いなど問題(トラブル)があった場合は連絡をいただき、予約日の前に来院いただくかアドバイスをいたしますので、まずはご連絡ください。

 

Q:歯を抜くことはあるの?

A:顎の骨と歯の大きさのバランスにより歯を抜いて治療をした方が良い場合があります。なるべく歯を抜かないためには少しでも小さい時期から顎を大きくする矯正や、トレーニングをする事で顎を大きくして、なるべく抜かないで治療を進める事が可能になります。

 

Q:歯を抜くことの利点、欠点は?

A:顎が小さく歯並びがすでにガタガタの場合、歯を抜いて矯正する事で全体的に口元が下がってスッキリした口元、お顔になる事ができます。欠点としては健康な歯であっても、上下のバランスのため何本か抜く必要があるのと、歯を抜いた事でお口の中の空間が狭くなり舌が本来あるべき位置より後ろに下がってしまうことがあります。舌が後ろに下がることで、気道が狭くなり呼吸が苦しくなる可能性がでてきます。

 

Q:保険は使えるの?

A:矯正は例外を除いて保険外の治療になります。例外で骨格的な問題がある場合は保険適用の場合もありますのでご相談ください。

 

Q:矯正始めるにはどうするの?

A:まずは歯並びが気になる事を歯科医院で相談をし、矯正が必要の場合は診査として歯型、レントゲン、口の写真、顔や姿勢の写真などの資料を取り、それを基に治療計画の説明を受ける必要があります。治療期間、費用など納得されてから矯正治療のスタートです。

マウスピース矯正

透明で目立たないマウスピース矯正

マウスピース矯正とは、従来のワイヤーを使った矯正方法のブラケット式の矯正とは違い、歯型を取ったり口腔内スキャンというデジタルの装置で撮影をして一人一人にカスタマイズされた患者さんに合わせた透明の歯型のものです。特徴は透明なのでなるべく目立たずにできる矯正方法であり、取り外しが可能です。毎日20時間ほどお口の中に所定の位置まで入れていただき少しずつ歯を動かしていきます。透明なマウスピースは物によって異なりますが1週間に1回新しい装置に変えていくので周りの方に気づかれずに歯並びを改善することも可能です。

患者さんの歯並び噛み合わせや希望など複数の条件を診査診断し、一人一人にあった矯正方法を提案いたします。

毎日食事やお話のために使う大切な口、歯ですのでご自身の現在、将来のためにまずはお気軽にご相談ください。

 

マウスピース矯正のメリット、デメリット

【メリット】

透明で目立たない

取り外しができる

痛みが少ない

来院の頻度が少ない

食事の制限がない

【デメリット】

一日20時間以上の装着が必要

自分の管理が必要

 

矯正を始めるなら…

子供も大人も

歯並びが気になった時が始めるチャンスです!

後回しはせずに、まずはご相談ください

 

人生損をしないように

明るい楽しい未来のために!!!

 

今がベストタイミング

 

 

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog