ブログ

2021.10.20更新

歯科医院で行う

虫歯予防!!

 

その代表的なものに「フッ素塗布」

があります。

検査

フッ素は大人も子供も

年齢を問わずに受けられる予防歯科のメニューです

 

フッ素には3つの大きな役割があります。

 

1)虫歯になりかけた初期の歯を元に戻す作用がある
食事をすると酸によって歯に含まれる

カルシウムやリンなどのミネラルが溶けだします。

 

通常の場合は、

唾液が働いて溶けだした成分を元に戻します。

この働きを再石灰化といいます。

 

この歯の再石灰化を助けてくれるのがフッ素です。
唾液中にフッ素イオンが存在していると

溶けだしたカルシウムがより多く

エナメル質に再吸収されます。

フッ素は再石灰化を促進し

歯の修復を促します。
これによりでき始めの初期虫歯を

修復して、健康な歯を保ってくれます。

虫歯イキン

 

2)虫歯菌が出す酸の生成を抑制する
フッ素は虫歯菌の活動を抑制する働きも持っています。
フッ素は虫歯菌の出す酸の量を

抑えることができるため

酸により歯が溶かされることがなくなり

虫歯を予防することができます。

 

3)虫歯になりにくい、強い歯の質になる
歯の再石灰化にあたり

フッ素は歯の表面のエナメル質の成分と結びついてフルオロアパタイトという

虫歯菌の酸に対して非常に強い構造になります。


この働きによりミネラルが溶けだしにくく

虫歯になりにくい強い歯になります。

 

大人にとっても子供にとっても

虫歯予防に効果的なメニューです。

 



フッ素塗布は定期的に受けることをおすすめします。

 

また、生えたばかりの乳歯や永久歯はエナメル質が薄く

また溝が深いために、簡単に虫歯になってしまいます。


ですから、その期間のフッ素塗布は特におすすめです。
もちろん、それ以外の期間のフッ素塗布も有効な虫歯予防法となりますよ。

 

しかし、フッ素を怖く思っている人も

いると思います。

 

一つに

高濃度、長期的にフッ素を使用した時に

特に小児の時期に

斑状歯と言われる

歯に斑点状に白く白濁することが

稀にあります。

 

これは高濃度のフッ素で稀に

起こる問題ですが

日本はフッ素の濃度など

厳しく管理されているため

ほとんど気にする必要はないと思います。

 

他には化学的な材料を好まない場合や合わない場合は

フッ素に変わる

歯磨き粉などを揃えていますので

心配なことは

自分で悩まずに

専門家に相談ください

似顔

 

虫歯にならない、させないために

かかりつけの歯科医院で

定期的にメインテナンスを受け

笑顔あふれるお子さんや

ご家族で人生楽しく過ごしませんか?

 

世田谷区上野毛の歯医者
歯を大切にする歯医者
川田歯科クリニック
https://www.kawada-dentalclinic.com/

telephone:03-3701-0550
ご連絡お待ちしています!!

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog