ブログ

2020.05.23更新

歯科医師会から これからの歯科治療について
国民の皆様へ発表がありました


結論としては
今のうちにお口の中をちゃんと治療して
これからはセルフケアでお口、全身の健康を
管理していきしょう!

 

アフターコロナ

下記、日本歯科医師会から抜粋です。

 

「現在の新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、
歯科医療機関には、緊急性が少なく延期しても大きな問題がない治療、
定期検診、訪問診療などの延期の検討をお願いいたしています。

また治療の延期の際には、対面せず電話などで指導をさせていただく
ことがあります。ご理解とご協力をお願いいたします。

一方、治療の緊急性については、痛みや腫れなどを放置すると重症化や
全身へ影響を及ぼすことがあります。

 

歯周病などの定期管理も全身状態に関係し、高齢者や特に在宅や介護施設での
口腔衛生状態の低下で誤嚥性肺炎などが生じることが懸念されています。

義歯を装着せず、噛めない状況が続くことは、全身の健康を損ないます。

 

このように処置の緊急性は患者さんの状態により様々ですので、
まずはかかりつけ歯科医にご相談ください

 

不規則な食生活を避け、口の中を清潔にして細菌の数を減らすことが、
誤嚥性肺炎ウイルス性疾患の予防につながります。毎食後の歯磨きをはじめお口の健康を保ちましょう。」

日本臨床歯周病学会より

日本臨床歯周病学会より

 


3、4、5、月と自粛生活、緊急事態宣言と大変なストレス
社会的環境、経済的環境が変わってきています

これからは感染予防対策に気をつけながらも
先を考えた生活を過ごしていかなければなりません

 

新型コロナウイルスは一旦落ち着きそうですが
第二は第三波の、さらなる感染拡大も懸念されています

以前のような生活とは異なった生活様式になる可能性があります

 

蜜な環境を避けるために
外出が少なくなり、家での生活が増える

仕事が出勤がすくなりリモートワーク、AIの活用など
仕事の環境の変化が起きる

ネット環境化の生活
Amazon Uberなどの宅配生活など

これからは以前に比べて外出が減ると思われ
歯科医院に通う回数も減るかもしれません

 

しかし、虫歯歯周病の治療はもちろん
メインテナンスによるお口の中を清潔に保つための治療も
とても大切で、歯科医院に通わなくなるのは
健康を害するリスクでしかありません

とは言っても通う回数を減らしたり
お口の中をなるべく綺麗に保つ方法もあります


それは
まずはセルフケアの徹底です。毎日の歯ブラシを正しい方法で
継続すること
それと今のうちにお口の中を良い状態にするために
ちゃんとした治療を受けること
虫歯や欠けているところの治療、不敵な修復物のやり変え、
見た目が気になれば綺麗な歯に変える、古い金属、劣化しているもののやり変えなど

これから長いこと治療が必要ないように
気になるところを全て治療することをオススメします

これを機に
今まで悩んでいたこと、気になるところをスッキリさせませんか?

 

世田谷区上野毛の歯医者

上野毛駅から徒歩1分

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

TEL 03-3701-0550☎️

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

entryの検索

カテゴリ

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog