ブログ

2020.04.12更新

【歯科からできること!新型コロナウイルス対策】

コロナウイルス


先日、国の方から緊急事態宣言が発出されました。
今後も感染の拡大が懸念されるため、まずは一人一人が自覚を持ち
自分が感染している可能性を考え、自分のためにそして周りの家族や大切な人を守るため
出来ることからちゃんと実行していくことが大切です。

 

川田歯科クリニックも感染予防対策として
診療の延期の要望や調整
診療時間の短縮、休診をするかもしれません


その中でも診療を延期する場合として

過去2週間(14日)以内に発熱や咳がある人
37.5℃以上の発熱や、咳症状がある場合
現在、同居する人に発熱や咳のなどの症状がある場合
過去14日以内に海外渡航の履歴がある場合
過去14日以内に、海外から帰国した人との濃厚接触歴がある場合
過去14日以内に、感染者数が急増している都道府県に出かけたことがある場合
過去14日以内に、室内で50人以上もしくは大勢の人が集まる集会・イベントに参加したことがある場合
味覚以上、嗅覚以上がある場合など

せき、くしゃみ 

少しでも感染症の疑いがある場合は
皆さんを守り、クリニックを守るため
診察をできない場合があります

 

このような状況下のため
ご理解ご協力をお願いいたします

 

そしてまずは
保健所もしくはかかりつけの先生に
相談をしてください


感染予防のためにできることとして
まずはしっかりとした
手洗い、うがいをすること
そして手で顔や口を触らないことが大切です

色々な情報が流れていますが
手洗い、うがい、顔や口を触らない
この点については変わることはありません

スッキリ

今回これに加えて
歯科からできる取り組み
3つ書いていきます

新型ウイルスやインフルエンザ、風邪にしても
鼻や口などの粘膜から感染することが多いため
ちゃんと口の中を綺麗にすること
口を閉じて鼻で呼吸することがとても大切です

口を閉じることで感染リスクが減るだけでなく
アレルギー、花粉症の予防や
ドライマウス、虫歯、歯周病、歯並びの予防も
可能になるため、いいことだらけです

口の中が汚いと
特にインフルエンザの菌が増殖して
感染リスクが上がることがわかっているため
口の中を綺麗にすることも効果があります

 

そのようなことから
1つ目
しっかりと歯ブラシをして口の中を綺麗にすること

口の中が汚いと、細菌、ウイルスが繁殖しやすい環境になってしまいます

毎日できる歯ブラシで、歯と歯の間、歯と歯茎の間を
丁寧に優しく磨くことが大切です

歯ブラシにも菌が繁殖してしまうので
汚れている歯ブラシでいくら磨いても効果はないので
定期的な交換をお勧めします


2つ目
口を閉じて口が潤った状態にすること

口が開いていると
直に細菌、ウイルスが入ってしまうため
口はしっかり閉じていることが最低条件で

 

さらにお口の中に唾液が多いと
唾液には殺菌作用や浸潤効果があるため
つばが出るようにしっかり噛むこともいいことです

 

そのためには口を閉じてしっかり食事を噛むことや
キシリトール100%のガム
口を閉じて噛むのも効果があります


3つ目
舌を綺麗にすること

これは毎回ではないですし、人それぞれ個人差がありますが
舌の上が黄色や、黒、白っぽくなることがあり
舌のこけと書いて舌苔(ゼッタイ)と言います

これは舌の上に
細菌や食べかす、粘膜のカスが付着したもので
ストレスや免疫が低下、消化器系の疾患により生じてきます

症状として
舌の見た目の変化や味覚の異常、口臭などを感じるようになります

 

多少の舌苔は食事や舌が動く(会話など)
で自然になくなりますが
必要以上に多く付着した場合は
取り除かなければいけません

 

舌苔を取る方法のお勧めは
専用の舌ブラシを使って取る方法です

 

たまに歯ブラシで歯を磨いた後に、取る方もいますが
危険な場合があります
普通の歯ブラシでは、舌を傷つけてしまい
舌が痛んだり、舌に凹みができることで
さらに舌苔がついてしまう恐れがあります

 

また舌ブラシは色々な種類が販売されており
歯科では推奨できないものや
舌を傷つけてしまうもの
汚れが全然取れないもの
清潔に保つのが難しく細菌の温床になってしまうものなど
選択に困ってしまうものが多く存在しています


当医院ではあらゆる種類のものを試し
その中から
効果があり舌を傷つけず
なるべく清潔に長く使える
舌ブラシをお勧めしています

 舌ブラシ

この舌ブラシは
高齢の方にも優しく使えるため
あらゆる年代の人に使っていただくことができます

 

使い方は
舌の奥から手前に向かって
数回撫でるように動かします

 

口が乾燥している時には
まずは口を潤してから使用するようにしてください

 

細かい使い方やポイントは
使用方法を見ていただくか
ドクターやスタッフに聞くようにしてください


一人一人が自分のため
家族、周りの人のため
出来る感染予防策を最大限に行い
One team で乗り越えましょう!


歯でお困りの際は
すぐに歯科医院に行くのではなく
まずは電話で連絡をお願いいたします

 

 

世田谷区上野毛の歯医者

上野毛駅から徒歩1分

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

TEL 03-3701-0550

 

 

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

entryの検索

カテゴリ

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog