ブログ

2020.08.03更新

アフターコロナ、withコロナで心配なこと


虫歯、歯周病の悪化
フレイル
社会的孤立
誤嚥性肺炎のリスクアップ
口腔機能低下症

フレイル 


皆さん、元気に過ごせていますか?
口の中に不具合はないですか?
身体に不具合はないですか?

 

今回新型コロナウイルスの影響で
外出自粛、マスク着用などでお疲れのところだと思います

感染拡大防止、予防のために自粛やマスクはとても大切です
しかし、その影響で口の中や身体に不調をきたしている人
急増しています

 

 

まずは、マスク
マスクをする事で外からの感染リスクを少なくしたり
自分から周りに感染させるリスクを減らす事ができ
大切な事だと思います。

 

しかしマスクをしていると呼吸が苦しくなり
口を開いてしまう事が多くなります
特に、お子さんは多く動いたりする事で
口が開いてしまいます

 

お口ポカンになる事で
口の中が乾燥してしまいます。
乾燥すると虫歯、歯周病、口臭になる可能性が高くなります

 

対策としては
マスクを外したらうがいはもちろんのこと
口の中をぶくぶくゆすぐ事が必要です

口臭を防ぐために口をゆすいだり
舌を動かす体操や、よくお話をして口を動かすのもいいですが
場合によっては舌に専用のブラシを使った方がいいこともあります。

子供マスク


他には外出を控えることで
人と接する機会が少なくなり、社会的孤立や
身体を動かす事が減るため
フレイル、筋肉の衰え、それによる転倒などの怪我が心配されます

 

さらに話す機会も減るため
口の筋肉が衰えて
噛むことや、飲み込むこと、むせるなどの
口腔機能低下症などの機能低下が増加して
誤嚥性肺炎のリスクもアップしてしまいます

 


誤嚥性肺炎を予防するには
お口周りの筋肉のトレーニングや
嚥下のトレーニングが重要です

嚥下 誤嚥 

抜け落ちているのは
お口の中を綺麗にすることです!

歯石、プラーク、汚れ、舌の汚れ
それが食べ物、飲み物と一緒にノドにいき
誤嚥した結果が誤嚥性肺炎になってしまいます。

毎日の歯ブラシはとても大切ですが
それでは取りきれない汚れがあります

 

稀に患者さんで
私は歯ブラシちゃんとしていて汚れや歯周病はありません
という方がいらっしゃいますが、本当ですか?

 

20歳以上の方の70〜80%が歯周病というデータがあります
軽度、重度など幅はありますが
10人のうち8人が歯周病と言われていますので
自分が歯周病になっているという前提でいる方が自然だと思います

取りきれない汚れは
歯科医院でクリーニングする必要があります

 

 

外出自粛などはありますが
クリーニング、歯科治療は必要な事で
今やらなければ、あとで虫歯、歯周病が進んで取り返しがつかないことになります

 

ご飯が食べられなければ
人は生きていけません。

1日3回の食事、おやつ
会話をする、飲み込む

歯科の重要性が高まってきています

 

ご自身の身体のために
かかりつけ歯科医院を利用ください

 

似顔絵

 

 

上野毛の歯医者なら

川田歯科クリニックへ

 

世田谷区上野毛の歯医者

歯を大切にする歯医者

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

telephone03-3701-0550

ご連絡お待ちしています

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2020.06.17更新

6/13の診療後

6時間以上かけて

専門業社による

抗菌、除菌、院内清掃を行いました

 

抗菌、除菌

抗菌作業

 

 

患者さん、スタッフの

安心、安全のために!

 

院内の感染予防対策はしっかりやっていますので

安心してご来院ください

 

3蜜を防ぐために

診療制限も継続しているため

急な来院時は

まずは電話で確認くださいtelephone

 

上野毛の歯医者なら

川田歯科クリニックへ

 

世田谷区上野毛の歯医者

歯を大切にする歯医者

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

telephone03-3701-0550

ご連絡お待ちしています

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2020.05.23更新

歯科医師会から これからの歯科治療について
国民の皆様へ発表がありました


結論としては
今のうちにお口の中をちゃんと治療して
これからはセルフケアでお口、全身の健康を
管理していきしょう!

 

アフターコロナ

下記、日本歯科医師会から抜粋です。

 

「現在の新型コロナウイルス感染拡大の状況を踏まえ、
歯科医療機関には、緊急性が少なく延期しても大きな問題がない治療、
定期検診、訪問診療などの延期の検討をお願いいたしています。

また治療の延期の際には、対面せず電話などで指導をさせていただく
ことがあります。ご理解とご協力をお願いいたします。

一方、治療の緊急性については、痛みや腫れなどを放置すると重症化や
全身へ影響を及ぼすことがあります。

 

歯周病などの定期管理も全身状態に関係し、高齢者や特に在宅や介護施設での
口腔衛生状態の低下で誤嚥性肺炎などが生じることが懸念されています。

義歯を装着せず、噛めない状況が続くことは、全身の健康を損ないます。

 

このように処置の緊急性は患者さんの状態により様々ですので、
まずはかかりつけ歯科医にご相談ください

 

不規則な食生活を避け、口の中を清潔にして細菌の数を減らすことが、
誤嚥性肺炎ウイルス性疾患の予防につながります。毎食後の歯磨きをはじめお口の健康を保ちましょう。」

日本臨床歯周病学会より

日本臨床歯周病学会より

 


3、4、5、月と自粛生活、緊急事態宣言と大変なストレス
社会的環境、経済的環境が変わってきています

これからは感染予防対策に気をつけながらも
先を考えた生活を過ごしていかなければなりません

 

新型コロナウイルスは一旦落ち着きそうですが
第二は第三波の、さらなる感染拡大も懸念されています

以前のような生活とは異なった生活様式になる可能性があります

 

蜜な環境を避けるために
外出が少なくなり、家での生活が増える

仕事が出勤がすくなりリモートワーク、AIの活用など
仕事の環境の変化が起きる

ネット環境化の生活
Amazon Uberなどの宅配生活など

これからは以前に比べて外出が減ると思われ
歯科医院に通う回数も減るかもしれません

 

しかし、虫歯歯周病の治療はもちろん
メインテナンスによるお口の中を清潔に保つための治療も
とても大切で、歯科医院に通わなくなるのは
健康を害するリスクでしかありません

とは言っても通う回数を減らしたり
お口の中をなるべく綺麗に保つ方法もあります


それは
まずはセルフケアの徹底です。毎日の歯ブラシを正しい方法で
継続すること
それと今のうちにお口の中を良い状態にするために
ちゃんとした治療を受けること
虫歯や欠けているところの治療、不敵な修復物のやり変え、
見た目が気になれば綺麗な歯に変える、古い金属、劣化しているもののやり変えなど

これから長いこと治療が必要ないように
気になるところを全て治療することをオススメします

これを機に
今まで悩んでいたこと、気になるところをスッキリさせませんか?

 

世田谷区上野毛の歯医者

上野毛駅から徒歩1分

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

TEL 03-3701-0550☎️

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2020.04.12更新

【歯科からできること!新型コロナウイルス対策】

コロナウイルス


先日、国の方から緊急事態宣言が発出されました。
今後も感染の拡大が懸念されるため、まずは一人一人が自覚を持ち
自分が感染している可能性を考え、自分のためにそして周りの家族や大切な人を守るため
出来ることからちゃんと実行していくことが大切です。

 

川田歯科クリニックも感染予防対策として
診療の延期の要望や調整
診療時間の短縮、休診をするかもしれません


その中でも診療を延期する場合として

過去2週間(14日)以内に発熱や咳がある人
37.5℃以上の発熱や、咳症状がある場合
現在、同居する人に発熱や咳のなどの症状がある場合
過去14日以内に海外渡航の履歴がある場合
過去14日以内に、海外から帰国した人との濃厚接触歴がある場合
過去14日以内に、感染者数が急増している都道府県に出かけたことがある場合
過去14日以内に、室内で50人以上もしくは大勢の人が集まる集会・イベントに参加したことがある場合
味覚以上、嗅覚以上がある場合など

せき、くしゃみ 

少しでも感染症の疑いがある場合は
皆さんを守り、クリニックを守るため
診察をできない場合があります

 

このような状況下のため
ご理解ご協力をお願いいたします

 

そしてまずは
保健所もしくはかかりつけの先生に
相談をしてください


感染予防のためにできることとして
まずはしっかりとした
手洗い、うがいをすること
そして手で顔や口を触らないことが大切です

色々な情報が流れていますが
手洗い、うがい、顔や口を触らない
この点については変わることはありません

スッキリ

今回これに加えて
歯科からできる取り組み
3つ書いていきます

新型ウイルスやインフルエンザ、風邪にしても
鼻や口などの粘膜から感染することが多いため
ちゃんと口の中を綺麗にすること
口を閉じて鼻で呼吸することがとても大切です

口を閉じることで感染リスクが減るだけでなく
アレルギー、花粉症の予防や
ドライマウス、虫歯、歯周病、歯並びの予防も
可能になるため、いいことだらけです

口の中が汚いと
特にインフルエンザの菌が増殖して
感染リスクが上がることがわかっているため
口の中を綺麗にすることも効果があります

 

そのようなことから
1つ目
しっかりと歯ブラシをして口の中を綺麗にすること

口の中が汚いと、細菌、ウイルスが繁殖しやすい環境になってしまいます

毎日できる歯ブラシで、歯と歯の間、歯と歯茎の間を
丁寧に優しく磨くことが大切です

歯ブラシにも菌が繁殖してしまうので
汚れている歯ブラシでいくら磨いても効果はないので
定期的な交換をお勧めします


2つ目
口を閉じて口が潤った状態にすること

口が開いていると
直に細菌、ウイルスが入ってしまうため
口はしっかり閉じていることが最低条件で

 

さらにお口の中に唾液が多いと
唾液には殺菌作用や浸潤効果があるため
つばが出るようにしっかり噛むこともいいことです

 

そのためには口を閉じてしっかり食事を噛むことや
キシリトール100%のガム
口を閉じて噛むのも効果があります


3つ目
舌を綺麗にすること

これは毎回ではないですし、人それぞれ個人差がありますが
舌の上が黄色や、黒、白っぽくなることがあり
舌のこけと書いて舌苔(ゼッタイ)と言います

これは舌の上に
細菌や食べかす、粘膜のカスが付着したもので
ストレスや免疫が低下、消化器系の疾患により生じてきます

症状として
舌の見た目の変化や味覚の異常、口臭などを感じるようになります

 

多少の舌苔は食事や舌が動く(会話など)
で自然になくなりますが
必要以上に多く付着した場合は
取り除かなければいけません

 

舌苔を取る方法のお勧めは
専用の舌ブラシを使って取る方法です

 

たまに歯ブラシで歯を磨いた後に、取る方もいますが
危険な場合があります
普通の歯ブラシでは、舌を傷つけてしまい
舌が痛んだり、舌に凹みができることで
さらに舌苔がついてしまう恐れがあります

 

また舌ブラシは色々な種類が販売されており
歯科では推奨できないものや
舌を傷つけてしまうもの
汚れが全然取れないもの
清潔に保つのが難しく細菌の温床になってしまうものなど
選択に困ってしまうものが多く存在しています


当医院ではあらゆる種類のものを試し
その中から
効果があり舌を傷つけず
なるべく清潔に長く使える
舌ブラシをお勧めしています

 舌ブラシ

この舌ブラシは
高齢の方にも優しく使えるため
あらゆる年代の人に使っていただくことができます

 

使い方は
舌の奥から手前に向かって
数回撫でるように動かします

 

口が乾燥している時には
まずは口を潤してから使用するようにしてください

 

細かい使い方やポイントは
使用方法を見ていただくか
ドクターやスタッフに聞くようにしてください


一人一人が自分のため
家族、周りの人のため
出来る感染予防策を最大限に行い
One team で乗り越えましょう!


歯でお困りの際は
すぐに歯科医院に行くのではなく
まずは電話で連絡をお願いいたします

 

 

世田谷区上野毛の歯医者

上野毛駅から徒歩1分

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

TEL 03-3701-0550

 

 

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2020.03.14更新

新型コロナウイルスの対応に関する重要なお知らせとお願い

 

コロナウイルス 

2週間以内に、発熱やせきがある
風邪の症状や、37.5℃以上の発熱が4日以上続いている
強いだるさや息苦しさがある
などの症状があるときや

 

新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域への渡航歴がある。
“新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域への渡航歴があり、発熱かつ咳がある人”との接触歴がある。
新型コロナウイルス感染症と確定した患者と濃厚接触歴がある。
など
感染症の疑いがある場合は保健所もしくはかかりつけの先生に相談してください

 

そして、周りの方への感染を予防するため
当歯科クリニックへの来院も控えるようにお願いいたします。
感染が確認された場合、クリニックを2週間ほど休診にせざるおえなくなり
多くの患者さん方へ被害が及ぶ可能性がありますので
ご理解のほどよろしくお願いいたします


ただ、治療途中にも関わらず
上記の理由ではなく、ただ単に心配だからとのことでキャンセルする場合
治療が進まず停止してしまい、予想外のトラブルや
ご自身の歯に不利益になることがありますので
不要不急のキャンセルはご遠慮ください

 

また、この時期花粉症や寒暖による季節性の
クシャミや鼻水、咳など
新型コロナウイルスではないものもあるため
患者さん自身のご判断で来院、キャンセルをお任せすることもあります
皆さまのご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 


当医院は新型ウイルス対策として、常日頃より感染対策に取り組んでおります
院内感染予防として、普段から行なっている取り組みとして

 

マスク、グローブの着用
診療台や院内の消毒液による清拭
スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒
医療施設用空気清浄装置を天井に設置
ウイルスよりも小さい浮遊粒子を集塵
口腔外バキュームの使用

 

新型コロナウイルス対策として

追加で行なっている取り組み


ドアノブや手すりの消毒液による清拭
待合室ソファの消毒液による清拭
定期的な換気
など

感染対策はしっかり行なっているため
来院は心配なさらず予約通りにいらしてください

 

スタッフ一同お待ちしています

 エアロシステム

 

後日
新型コロナウイルスやインフルエンザ、風邪対策として
歯科からできる取り組み
情報発信する予定でいます。

 

新型ウイルスやインフルエンザ、風邪にしても
鼻や口などの粘膜から感染することが多いため
ちゃんと口の中を綺麗にすること
口を閉じて鼻で呼吸することがとても大切です

 

口を閉じることで感染リスクが減るだけでなく
アレルギー、花粉症の予防や
ドライマウス、虫歯、歯周病、歯並びの予防も
可能になるため、いいことだらけです

 

口の中が汚いと
特にインフルエンザの菌が増殖して
感染リスクが上がることがわかっているため
口の中を綺麗にすることも効果があります


まずは出来ることから取り組みましょうnico

 

 顔 小さい

 

 

世田谷区上野毛のかかりつけ歯科医院

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

上野毛駅より徒歩1分

 

歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへ

お越しください

 

TEL 03−3701−0550telephone

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.10.20更新

安心・安全・低価格の

ホワイトニング

始めました笑う

 

 ホワイトニング ポスター

 

先日

ホワイトニングについての

ブログをアップしましたが

 

ホワイトニング

知っている、やってみたい

方達は多いけれど

実際にやっている人は

とても少なく

その原因として

 

どうやるのかわからない

どこでやるのかわからない

そして費用が高いと思っている

などが考えられます

 

最近では

インターネットやチラシで

とても安価なホワイトニングについて

載っているものがありますが

 

その大半は

歯のことを知らない

美容系の業種や

サロンと言われるようなところ

もっとすごいのは

ネイルをやるところでついでにやっている

ところもあります

 

そのようなところは

歯科でもないですし

歯のこともわからない人たち

業者に勧められたものを

効果、歯のダメージなど

まったくわからず

売り上げのためだけに

行なっているところもあるようですen

 

そうすると

効果もよくわからず

安いと言っても

何回も通ってやらないといけないかもしれませんし

やっても効果が出ないことがあるかもしれません

 

 

このような事態を鑑みて

今回

歯の専門家である

歯科医院で行う

安心・安全・低価格の

ホワイトニング

始めることにいたしました!

ホワイトニング 照射 

 

当医院は

昔からホワイトニングを行なっていますが

ちゃんとした効果と

痛みが少なくできる方法を

常にアップデートしながら

患者さんに最適なもの

提案してやってきました

 

そのため

費用はそれなりのため

インターネットで安価にやっているところに

希望され行かれている方たちもいて

ちゃんと価値をわかっていただいた

一部の方のみの治療になっていました

 

今回そのような

状態を少しでも改善し

多くの患者さん、ホワイトニングに興味のある方

素敵な笑顔を手に入れたい方

など

 

幅広い方たちに提供できるように

安心・安全で低価格ホワイトニング

始めます

 

 

この方法は

比較的短時間に

歯を白く明るくする方法で

 

今までのホワイトニングとは

少し異なるものになります

確実に白く長持ちさせたい場合は

従来のホワイトニングをおすすめいたしますが

 

今までやったことのない初めて方や

お試しでやってみたい

安く簡単にやってみたい

家でやるのは自信がない

など

 

今までやりたくてもできなかった

幅広い方達が

ホワイトニング

やることができるように

提供させていただきます

 

歯が白く輝くことで

笑顔が増え

仕事がうまくいったり

家庭が円満になったり

周りの人とのコミュニケーション

良くなったり

 

口の中に興味を持つことで

虫歯の予防

歯周病の予防

お口の予防で全身の健康が良くなり

病気の予防ができるだけでなく

 

仕事、人間関係が円滑にいき

人生を幸せにすることが可能になります

 

安心・安全

ホワイトニング

素敵な笑顔

輝く笑顔

になりませんか

 

来院、ご相談お待ちしていますo(^▽^)o

 ホワイトニング 歯  

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

上野毛駅より徒歩1分

 

歯医者をお探しなら川田歯科クリニック

お越しください

 

TEL 03-3701-0550telephone

 

 

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.10.03更新

透明で目立たない

マウスピース矯正

始めました

マウスピース 顔 

 

歯並び
気になりますか?

ガタガタしている
引っ込めたい
綺麗になりたい
歯ブラシがしずらい
物がはさまりやすい

などなど

歯並び
歯列に関する
お悩みは人それぞれ
あると思います


そんな方たちに
今までは
矯正の提案をする際

小児、子供の場合
なるべく抜かずに
成長に合わせた
取り外し式の矯正

例えば
当医院では
SH療法という

一日8〜10時間装着し
あとの外している時間で
しっかり噛んで
顎を成長させていく方法と

一般的に
良く言われる
ワイヤーを使った矯正方法の
ブラケット式の矯正を
説明していました


大人の場合は
顎が狭い場合、少しでも大きくするために
取り外し式の矯正を説明する時もありますが

 

基本的には
ワイヤー式の矯正を説明し
抜かずに歯を並べる場合
抜いて並べる場合

ワイヤー矯正

 

歯は抜かないが
並べる隙間、スペースを作るため
歯と歯の間を最小限に削り
その隙間を使って
歯を並べる方法を提案していました

 

ワイヤー式の矯正は
昔は金属、メタルしかありませんでしたが
現在は見た目、金属アレルギーも考慮して
白いタイプで目立ちにくい
ワイヤー、ブラケットが
必要により使用されています


また
矯正自体が昔よりも
受け入れやすい方法となり
子供、小児の時はもちろん
高齢の方、仕事が終えて
余裕ができた方や
食べることが大切と理解され

 

いつまでも自分の歯で噛むために
歯の並びを改善し
歯ブラシがしやすい
ちゃんと噛める
お口の環境にしたいと


気づいた年齢からされる方
など

20、30、40歳はもちろん
60、70歳の方でも
現在は矯正を
される方が増えてきています


そんな幅が広い方たちに向けて
今回は
なるべく目立たずにできる
矯正方法である
マウスピース矯正を導入することになりました


従来の矯正のように
しっかり診査診断は必要で
希望されても
歯並びによっては適用できない場合はありますが
選択肢が増えることで
今までやりたくてもできなかった矯正が

手が届きやすい位置になったかと思います


このマウスピース矯正は
スポーツ選手や
自宅で行うホワイトニングのような

歯型を取ったり
口腔内スキャンという
デジタルの装置で撮影をして

一人一人に
カスタマイズされた
患者さんに合わせた
透明の歯型のものです

 

毎日20時間ほど
お口の中に所定の位置まで入れていただき
少しずつ歯を動かしていきます

 

透明なマウスピースは
物によって異なりますが
1週間に1回
新しい装置に変えていくので

周りの方に気づかれずに
歯並びを改善することも可能です


しかし
適応でない場合も存在し
特に歯並びが重なりすぎて
ガタガタの場合や
無理に前方、後方に動かすことで
顎の骨の枠から外れてしまうような
歯並びには合わない

合わないこともあります


逆に
適応症例としては
前歯が少しガタガタしている場合や
矯正を昔したが
後戻りして少しガタガタになってきた
など

大きく動かさない場合は
劇的に早期に
歯並びを改善することが可能です


実際は歯並び
噛み合わせ
患者さんの希望
など

複数の条件を診査診断し
一人一人にあった
矯正方法を提案いたします


毎日3食
生きるために使う(噛む)
大切な歯ですので

ご自身の現在、将来のために
まずはお気軽にご相談ください

 

一人でも多くの人の

早期発見、早期治療に向けて

 似顔絵

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

『いつまでも自分の歯で噛むために』

上野毛駅より徒歩1分

歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへお越しください。

TEL 03-3701-0550☎️

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.09.26更新

2019年


日本の総人口に占める
65歳以上の割合 28.0%
75歳以上の割合 14.2%
約4人に1人は高齢者になってきています

 


2036年には33.3%で3人に1人
が高齢者になると予測されています



そんな日本の
2018年の平均寿命
男性81.25
女性87.32

 

日本女性の世界の中でのランキングは
香港(87.56歳)に続いて2位


男性は
1位香港(82.17歳)
2位スイス(81.4歳)
に続いて3位となっています

 

健康長寿

 

死因については
老衰による死亡増が目立ち
男性で5位 女性で3位

悪性新生物、心疾患、肺炎、脳血管疾患
の死亡率が減少傾向にあります

 

 

健康寿命って聞いた事ありますか?
健康寿命」とは
健康上のトラブルによって
日常生活が制限されずに
暮らせる期間と定義づけされています

 

日常的に介護などを
必要とする事なく
自立した生活を
送れている年数のこと

 

2016年の健康寿命の結果は
男性72.14歳
女性74.79歳



健康寿命と平均寿命の差は
10年前後あり
その期間は医療機関や家族の手助けが必要となり
思ったように動く事が出来ないことになります


これからは健康寿命を少しでも
伸ばす事が重要です

 


健康寿命を伸ばすために、以下の7つ
習慣化できることを
国の方から推奨しています

 

1、 生活習慣病を知って予防する
食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒、ストレス
生活習慣病は健康長寿を妨げる大きな要因
2、 適切な食生活
バランスよく食べる
塩分の取りすぎ注意
3、 適度な運動
4、 十分な睡眠
5、 禁煙
6、 お酒と上手に付き合う
7、 歯・口腔の健康を守る
近年、歯周病と全身の病気との関連が報告されている

 


この中で
1、2、7
お口に関係あり
歯科に直結する部分になります

 

健康な食事

 

これからは
歯科から(お口から)
全身の健康管理をしていく
時代になっていきます


歯科で問題となるのは
大きくは虫歯、歯周病、歯並び
などで

 

虫歯になることで
歯がなくなっていき
小さい治療から
大きな金属、被せ物
神経の痛みから
神経の治療
そして歯が割れる、腫れる
などで抜歯になる

 歯の寿命


歯周病になると
歯が揺れてくる
歯ぐきからの出血
膿が出てくる
口臭が発生
噛むと痛む
など
最終的に歯が抜けるか
抜歯が必要になります


歯がなくなると
基本的には3つの方法があり

1入れ歯
2ブリッジ
3インプラント
になり、1、2本歯がなくなっても
何かしらの方法で
噛む事が回復されます
(治るのではなく回復)

 

しかし
どんどん歯がなくなっていくと
噛む事が難しくなり

噛めない事で
消化吸収が悪くなり
胃や腸に負担がかかり
全身に問題が出てきます

 


一番関係してくるのが
糖尿病
噛みづらくなると
軟らかいものが増え
糖質、炭水化物のものが増えて
糖尿病になりやすく
悪化もしやすくなります

 

また、噛めない事で
脳への刺激が減る事で
認知症になる確率が
高くなります

 


最近わかってきているのは
歯周病菌が
歯肉の出血などから
血管に入り込み
そのプラークなどが
血管の内壁にこびりつき
動脈硬化が起こりやすくなります

 CCD

 

それがはがれる事で
脳梗塞や心筋梗塞
心内膜炎になる確率が高くなります

 


そのほかには
口の中の細菌が
肺に入ってしまい
肺炎(誤嚥性肺炎)
になる確率も高くなります

 

他にもありますがtooth

 

歯のケア
虫歯予防、歯周病予防には
毎日の歯ブラシがとても大切
ちゃんと磨けている必要があり
定期的に歯ブラシでちゃんと磨けているか
チェックすることは
全身の健康に直結してきます

 

しかし
自分の歯ブラシだけだは
限界があるので
定期的な歯科医院での
プロフェッショナルケア
が必要になります

 

歯ブラシ以外では
口の中の細菌を減らす方法や
細菌をバランスをよくしたり
細菌を増やさない手入れ方法
口呼吸の弊害など
色々アドバイスできることはあります

 


健康に気をつけている人や
経営者の人などは
歯の大切さ
歯の定期的なメインテナンス
重要性を理解しています

 


これからは
たかが歯ブラシではなく
全身の予防医療として
健康寿命のため
歯、口を大切にしていきませんか

 

皆さんの
全身の健康、歯の健康
いつまでも自分の歯で噛むために
当医院は
サポートしていきます!!!

 

一人でも多くの

早期発見、早期治療に向けて 

 

似顔絵

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

上野毛駅より徒歩1分

 

歯医者をお探しなら川田歯科クリニック

お越しください

 

TEL 03−3701−0550telephone

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.09.23更新

100歳まで病気にならない
ロイテリ菌(乳酸菌)

ロイテリ ポスター

 

前に健康寿命に触れましたが
健康寿命とは
健康上のトラブルによって
日常生活が制限されずに
暮らせる期間とされています
日常的に介護などを
必要とすることなく
自立した生活を
送れている年数のことです

 

これからは
少しでも長い期間
健康な状態で過ごすために
歯、歯科の重要性が
注目されていますni

 


口は食べ物や
空気の入り口であり
そこから入ったものが
私たちの生命活動
支えています

 

そして口と
腸はつながっていて
口腔の状態が
全身に関わっている
事がわかってきました(ノ ̄□ ̄)ノ

 

健康は
『口から始まる』
と言っても過言ではありません

 

毎日の歯ブラシ
そして定期的な
歯科での
プロフェッショナルケア
がとても大切です

HP 歯の模型

 


そこにこれからは
バクテリアセラピーを加えることを
お勧めします

 

バクテリアセラピーとは
人体に有益である事が
科学的に証明されている
善玉菌の力を利用して
病気の予防や
治療に役立てる方法のこと


タイトルにある
ロイテリ菌って聞いたこと
ありますか?

 

ロイテリ菌とは
ヨーグルトにもはいっている
乳酸菌の1つで
母乳由来の善玉菌です

ロイテリ ヨーグルト

 


人体に有益な作用のある
生きた微生物やそれらを
含む食品を
プロバイオティクスと言います

 

このロイテリ菌
他の乳酸菌とは違い
腸内細菌を良い状態に
するのはもちろん
さらには口腔内の
細菌の状態をよくする
生きて作用する乳酸菌です

 

他の乳酸菌が入っている
食品やサプリメント
の善玉菌は
強力な胃酸によって
ほとんどが腸に届く前に
死んでしまいます

 

死んでしまっても
元から腸にいる細菌の
エサになるため
効果はありますが
このロイテリ菌は
唯一と言っていいほど
生きたまま腸に届いて
腸で作用する事
ができる乳酸菌です

 

そして
乳酸菌なので
抗生物質ではないため
副作用がなく
乳幼児、妊婦、高齢者
どのような方も
安心して利用できます

 

ロイテリ シリーズ


スウエーデンでは
医療現場でも使われていて
新生児集中治療室の
新生児の腸内細菌をよくして
感染症予防やアトピー予防
口腔内の環境をよくしたり
高齢者の歯周病予防
嚥下困難な高齢者の
肺炎や呼吸器疾患の原因となる
細菌や真菌の感染から予防など
様々な病気を予防するために使用されています

 


この素晴らしい
ロイテリ菌の健康効果は

赤ちゃんの発育をサポート
母乳の質がアップ
赤ちゃんの夜泣きが減る
アトピーの低減
感染症の予防
歯周病の改善
虫歯の予防
口臭改善
免疫力のアップ
便秘・下痢の改善
など

 

実際に当医院で
ロイテリ菌を取り入れて
くださった方の効果として

 

2、3日で口の中がさっぱりした
歯ぐきからの出血がなくなった
口臭がなくなった
歯ぐきが引き締まった
口内炎がすぐ治った
便秘が改善した
など

口の中の改善と
腸内の改善を
全員が早期に経験され
継続使用をされています

 

このような効果のある
ロイテリ菌
妊婦さんも赤ちゃんも
授乳中のお母さんも
免疫力が低下した高齢者も
安心して利用でき
様々な効果が期待できます

 

ただし薬のような即効性は
ない場合があり
人によっては
緩やかな効果発現のため
継続して使用する事が大切です


摂取方法は
タブレットを舐めるタイプや
リキッドタイプ
ガム、ストローなどや
ビタミンD配合のものや
子供でも舐めやすいストロベリー味のもの
犬、猫用のタイプもあります

犬猫 ロイテル

一人一人に
合ったものを
ご提案させていただきます


これからは
バクテリアセラピー
体内常在菌のバランスを
健常化させることで
全身諸疾患の予防・改善し
健康寿命をのばしていきませんか

 


いつまでも
自分の歯で噛むために

予防歯科を実践する
世田谷区上野毛の歯医者
川田歯科クリニック

当医院のドクター
スタッフが皆様を
サポートしていきます

バイオガイア スクラブ

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.09.04更新

「いびき」とは

睡眠時の呼吸に伴う

雑音のこと

 

いびき 絵

 

睡眠中は全身の筋肉が緩み

舌を含む喉の周りの筋肉も緩みます

 

 

寝ることで舌が重力で下に落ち込み

気道がより狭くなり

そこに空気が通ると

周囲の組織が振動して

いびきが起こります

 

 

いびきには2種類あり

単純性いびき

鼻ずまりや疲労、飲酒、風邪などが

原因の一時的ないびき と

 

 

睡眠時無呼吸を伴ういびき

常時いびきがあり

他人から指摘されることもあり

大きい場合は騒音に近く

放置しておくと

悪化して他の病気も

併発してしまう可能性があります

 

 

睡眠時無呼吸で考えられる問題は

交通事故、突然の眠気

集中力の低下、疲労感

夜間頻尿、寝相が悪い など

様々な症状が現れてきます

 

睡眠時無呼吸 ポスター 

 

睡眠時無呼吸症候群

Sleep Apnea Syndrome (SAS)

寝ている間に何回も

呼吸が止まる病気

 

医学的には

10秒以上の呼吸停止

無呼吸として

無呼吸が一晩に

30回以上

もしくは1時間あたり

5回以上あれば

睡眠時無呼吸と判定されます

 

いびきは周りの方に

気づいてもらいやすいですが

寝ているあいだの無呼吸

なかなか気づきにくく

 

そのため

検査、治療を受けていない

多くの潜在患者がいるとされています

 

睡眠中に呼吸が止まってしまう

原因は大きく分けて

2つあリます

 

1つ目は

空気の通り道が狭くなり

呼吸が止まってしまう

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)

 

2つ目は

呼吸中枢の異常による

中枢性睡眠時無呼吸(CSA)

 

約9割が

閉塞性睡眠時無呼吸 (OSA)です

 

気道の通り道が狭くなる

要因は後ほど説明します

気道閉塞 

 

SASは

太った男性がかかる病気という

イメージがあるかもしれませんが

太っていなくても

痩せていても

女性でもかかる病気です

 

さらには

子供にも1〜4%いるとされています

 

子供の場合

扁桃が肥大して

空気の通り道を

狭くしている場合か

顎が小さい場合が

ほとんどである

 

症状としては

眠気が現れるのは少なく

集中力が低下したり

イライラしたり

落ち着かない事が多い

 

いびきが

学校の成績に影響を与えるとも言われています

 

睡眠を改善すると

身長が伸びたり

体調が良くなったり

心の落ち着きが出たりするのを

期待できます

 

 

スッキリ 

 

SASになりやすい形体的特徴は

首が短い

首が太い

首回りに脂肪がついている

下顎が小さい

下顎が後退している

歯並びが悪い

舌が大きい

 

扁桃腺が腫れている

口で呼吸している

など

 

半数に近い内容が

歯科と関わりが深い

というのがよくわかると思います

 

 

【歯科からのアプローチ】

歯科からのまずできることは

鼻で呼吸するために

舌を含めた口周りの筋肉を鍛えること

 

口を閉じる

習慣化のための

口テープ

 

この2つを

まずアプローチします

 

 

そのほかには

顎を大きくする矯正

睡眠時無呼吸のためのマウスピース

がありますが

マウスピースは

医科からの紹介があってから

作成する事ができます

 

ですので

簡単な処置や

舌、口周りの筋肉の

検査、診査

トレーニングはできますが

 

 

より詳しく

正確な診断のためには

医科(耳鼻咽喉科)

検査が必要になってきます! 

 

 

問診

簡易検査

精密検査などがあり

 

 

重症の場合は

CPAP療法が第一選択になります

 

CPAPは

鼻に装着したマスクから

気道へ空気を送り続けて

気道を広げる装置になります

 CPAP

 

 

軽度の場合は

歯科で作成する

マウスピースが選択される場合があります

 

人それぞれにあった装置があるため

まずは医科での正確な検査をしてから

治療に進むことになります

 

 

たまに重症の場合でも

CPAPが合わず

マウスピースになる方や

その逆もあります

 

ほかには

CPAPが旅行などでは

持ち運びが難しいため

持ち運ぶために

マウスピースを作られる方も

いらっしゃいます

 

たかが「いびき」

と思わず

自分の身体、精神のために

自分の将来、子供の成長のためにも

気になる場合は

お気軽に相談されることをお勧めします(^^)

 

 

 

一人でも多くの人の

早期発見、早期治療に向けて

 

 

似顔絵

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

『いつまでも自分の歯で噛むために』

上野毛駅より徒歩1分

歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへお越しください。

TEL 03-3701-0550☎️

 

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

前へ

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog