ブログ

2019.10.20更新

安心・安全・低価格の

ホワイトニング

始めました笑う

 

 ホワイトニング ポスター

 

先日

ホワイトニングについての

ブログをアップしましたが

 

ホワイトニング

知っている、やってみたい

方達は多いけれど

実際にやっている人は

とても少なく

その原因として

 

どうやるのかわからない

どこでやるのかわからない

そして費用が高いと思っている

などが考えられます

 

最近では

インターネットやチラシで

とても安価なホワイトニングについて

載っているものがありますが

 

その大半は

歯のことを知らない

美容系の業種や

サロンと言われるようなところ

もっとすごいのは

ネイルをやるところでついでにやっている

ところもあります

 

そのようなところは

歯科でもないですし

歯のこともわからない人たち

業者に勧められたものを

効果、歯のダメージなど

まったくわからず

売り上げのためだけに

行なっているところもあるようですen

 

そうすると

効果もよくわからず

安いと言っても

何回も通ってやらないといけないかもしれませんし

やっても効果が出ないことがあるかもしれません

 

 

このような事態を鑑みて

今回

歯の専門家である

歯科医院で行う

安心・安全・低価格の

ホワイトニング

始めることにいたしました!

ホワイトニング 照射 

 

当医院は

昔からホワイトニングを行なっていますが

ちゃんとした効果と

痛みが少なくできる方法を

常にアップデートしながら

患者さんに最適なもの

提案してやってきました

 

そのため

費用はそれなりのため

インターネットで安価にやっているところに

希望され行かれている方たちもいて

ちゃんと価値をわかっていただいた

一部の方のみの治療になっていました

 

今回そのような

状態を少しでも改善し

多くの患者さん、ホワイトニングに興味のある方

素敵な笑顔を手に入れたい方

など

 

幅広い方たちに提供できるように

安心・安全で低価格ホワイトニング

始めます

 

 

この方法は

比較的短時間に

歯を白く明るくする方法で

 

今までのホワイトニングとは

少し異なるものになります

確実に白く長持ちさせたい場合は

従来のホワイトニングをおすすめいたしますが

 

今までやったことのない初めて方や

お試しでやってみたい

安く簡単にやってみたい

家でやるのは自信がない

など

 

今までやりたくてもできなかった

幅広い方達が

ホワイトニング

やることができるように

提供させていただきます

 

歯が白く輝くことで

笑顔が増え

仕事がうまくいったり

家庭が円満になったり

周りの人とのコミュニケーション

良くなったり

 

口の中に興味を持つことで

虫歯の予防

歯周病の予防

お口の予防で全身の健康が良くなり

病気の予防ができるだけでなく

 

仕事、人間関係が円滑にいき

人生を幸せにすることが可能になります

 

安心・安全

ホワイトニング

素敵な笑顔

輝く笑顔

になりませんか

 

来院、ご相談お待ちしていますo(^▽^)o

 ホワイトニング 歯  

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

上野毛駅より徒歩1分

 

歯医者をお探しなら川田歯科クリニック

お越しください

 

TEL 03-3701-0550telephone

 

 

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.09.26更新

2019年


日本の総人口に占める
65歳以上の割合 28.0%
75歳以上の割合 14.2%
約4人に1人は高齢者になってきています

 


2036年には33.3%で3人に1人
が高齢者になると予測されています



そんな日本の
2018年の平均寿命
男性81.25
女性87.32

 

日本女性の世界の中でのランキングは
香港(87.56歳)に続いて2位


男性は
1位香港(82.17歳)
2位スイス(81.4歳)
に続いて3位となっています

 

健康長寿

 

死因については
老衰による死亡増が目立ち
男性で5位 女性で3位

悪性新生物、心疾患、肺炎、脳血管疾患
の死亡率が減少傾向にあります

 

 

健康寿命って聞いた事ありますか?
健康寿命」とは
健康上のトラブルによって
日常生活が制限されずに
暮らせる期間と定義づけされています

 

日常的に介護などを
必要とする事なく
自立した生活を
送れている年数のこと

 

2016年の健康寿命の結果は
男性72.14歳
女性74.79歳



健康寿命と平均寿命の差は
10年前後あり
その期間は医療機関や家族の手助けが必要となり
思ったように動く事が出来ないことになります


これからは健康寿命を少しでも
伸ばす事が重要です

 


健康寿命を伸ばすために、以下の7つ
習慣化できることを
国の方から推奨しています

 

1、 生活習慣病を知って予防する
食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒、ストレス
生活習慣病は健康長寿を妨げる大きな要因
2、 適切な食生活
バランスよく食べる
塩分の取りすぎ注意
3、 適度な運動
4、 十分な睡眠
5、 禁煙
6、 お酒と上手に付き合う
7、 歯・口腔の健康を守る
近年、歯周病と全身の病気との関連が報告されている

 


この中で
1、2、7
お口に関係あり
歯科に直結する部分になります

 

健康な食事

 

これからは
歯科から(お口から)
全身の健康管理をしていく
時代になっていきます


歯科で問題となるのは
大きくは虫歯、歯周病、歯並び
などで

 

虫歯になることで
歯がなくなっていき
小さい治療から
大きな金属、被せ物
神経の痛みから
神経の治療
そして歯が割れる、腫れる
などで抜歯になる

 歯の寿命


歯周病になると
歯が揺れてくる
歯ぐきからの出血
膿が出てくる
口臭が発生
噛むと痛む
など
最終的に歯が抜けるか
抜歯が必要になります


歯がなくなると
基本的には3つの方法があり

1入れ歯
2ブリッジ
3インプラント
になり、1、2本歯がなくなっても
何かしらの方法で
噛む事が回復されます
(治るのではなく回復)

 

しかし
どんどん歯がなくなっていくと
噛む事が難しくなり

噛めない事で
消化吸収が悪くなり
胃や腸に負担がかかり
全身に問題が出てきます

 


一番関係してくるのが
糖尿病
噛みづらくなると
軟らかいものが増え
糖質、炭水化物のものが増えて
糖尿病になりやすく
悪化もしやすくなります

 

また、噛めない事で
脳への刺激が減る事で
認知症になる確率が
高くなります

 


最近わかってきているのは
歯周病菌が
歯肉の出血などから
血管に入り込み
そのプラークなどが
血管の内壁にこびりつき
動脈硬化が起こりやすくなります

 CCD

 

それがはがれる事で
脳梗塞や心筋梗塞
心内膜炎になる確率が高くなります

 


そのほかには
口の中の細菌が
肺に入ってしまい
肺炎(誤嚥性肺炎)
になる確率も高くなります

 

他にもありますがtooth

 

歯のケア
虫歯予防、歯周病予防には
毎日の歯ブラシがとても大切
ちゃんと磨けている必要があり
定期的に歯ブラシでちゃんと磨けているか
チェックすることは
全身の健康に直結してきます

 

しかし
自分の歯ブラシだけだは
限界があるので
定期的な歯科医院での
プロフェッショナルケア
が必要になります

 

歯ブラシ以外では
口の中の細菌を減らす方法や
細菌をバランスをよくしたり
細菌を増やさない手入れ方法
口呼吸の弊害など
色々アドバイスできることはあります

 


健康に気をつけている人や
経営者の人などは
歯の大切さ
歯の定期的なメインテナンス
重要性を理解しています

 


これからは
たかが歯ブラシではなく
全身の予防医療として
健康寿命のため
歯、口を大切にしていきませんか

 

皆さんの
全身の健康、歯の健康
いつまでも自分の歯で噛むために
当医院は
サポートしていきます!!!

 

一人でも多くの

早期発見、早期治療に向けて 

 

似顔絵

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

上野毛駅より徒歩1分

 

歯医者をお探しなら川田歯科クリニック

お越しください

 

TEL 03−3701−0550telephone

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.09.04更新

「いびき」とは

睡眠時の呼吸に伴う

雑音のこと

 

いびき 絵

 

睡眠中は全身の筋肉が緩み

舌を含む喉の周りの筋肉も緩みます

 

 

寝ることで舌が重力で下に落ち込み

気道がより狭くなり

そこに空気が通ると

周囲の組織が振動して

いびきが起こります

 

 

いびきには2種類あり

単純性いびき

鼻ずまりや疲労、飲酒、風邪などが

原因の一時的ないびき と

 

 

睡眠時無呼吸を伴ういびき

常時いびきがあり

他人から指摘されることもあり

大きい場合は騒音に近く

放置しておくと

悪化して他の病気も

併発してしまう可能性があります

 

 

睡眠時無呼吸で考えられる問題は

交通事故、突然の眠気

集中力の低下、疲労感

夜間頻尿、寝相が悪い など

様々な症状が現れてきます

 

睡眠時無呼吸 ポスター 

 

睡眠時無呼吸症候群

Sleep Apnea Syndrome (SAS)

寝ている間に何回も

呼吸が止まる病気

 

医学的には

10秒以上の呼吸停止

無呼吸として

無呼吸が一晩に

30回以上

もしくは1時間あたり

5回以上あれば

睡眠時無呼吸と判定されます

 

いびきは周りの方に

気づいてもらいやすいですが

寝ているあいだの無呼吸

なかなか気づきにくく

 

そのため

検査、治療を受けていない

多くの潜在患者がいるとされています

 

睡眠中に呼吸が止まってしまう

原因は大きく分けて

2つあリます

 

1つ目は

空気の通り道が狭くなり

呼吸が止まってしまう

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)

 

2つ目は

呼吸中枢の異常による

中枢性睡眠時無呼吸(CSA)

 

約9割が

閉塞性睡眠時無呼吸 (OSA)です

 

気道の通り道が狭くなる

要因は後ほど説明します

気道閉塞 

 

SASは

太った男性がかかる病気という

イメージがあるかもしれませんが

太っていなくても

痩せていても

女性でもかかる病気です

 

さらには

子供にも1〜4%いるとされています

 

子供の場合

扁桃が肥大して

空気の通り道を

狭くしている場合か

顎が小さい場合が

ほとんどである

 

症状としては

眠気が現れるのは少なく

集中力が低下したり

イライラしたり

落ち着かない事が多い

 

いびきが

学校の成績に影響を与えるとも言われています

 

睡眠を改善すると

身長が伸びたり

体調が良くなったり

心の落ち着きが出たりするのを

期待できます

 

 

スッキリ 

 

SASになりやすい形体的特徴は

首が短い

首が太い

首回りに脂肪がついている

下顎が小さい

下顎が後退している

歯並びが悪い

舌が大きい

 

扁桃腺が腫れている

口で呼吸している

など

 

半数に近い内容が

歯科と関わりが深い

というのがよくわかると思います

 

 

【歯科からのアプローチ】

歯科からのまずできることは

鼻で呼吸するために

舌を含めた口周りの筋肉を鍛えること

 

口を閉じる

習慣化のための

口テープ

 

この2つを

まずアプローチします

 

 

そのほかには

顎を大きくする矯正

睡眠時無呼吸のためのマウスピース

がありますが

マウスピースは

医科からの紹介があってから

作成する事ができます

 

ですので

簡単な処置や

舌、口周りの筋肉の

検査、診査

トレーニングはできますが

 

 

より詳しく

正確な診断のためには

医科(耳鼻咽喉科)

検査が必要になってきます! 

 

 

問診

簡易検査

精密検査などがあり

 

 

重症の場合は

CPAP療法が第一選択になります

 

CPAPは

鼻に装着したマスクから

気道へ空気を送り続けて

気道を広げる装置になります

 CPAP

 

 

軽度の場合は

歯科で作成する

マウスピースが選択される場合があります

 

人それぞれにあった装置があるため

まずは医科での正確な検査をしてから

治療に進むことになります

 

 

たまに重症の場合でも

CPAPが合わず

マウスピースになる方や

その逆もあります

 

ほかには

CPAPが旅行などでは

持ち運びが難しいため

持ち運ぶために

マウスピースを作られる方も

いらっしゃいます

 

たかが「いびき」

と思わず

自分の身体、精神のために

自分の将来、子供の成長のためにも

気になる場合は

お気軽に相談されることをお勧めします(^^)

 

 

 

一人でも多くの人の

早期発見、早期治療に向けて

 

 

似顔絵

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

『いつまでも自分の歯で噛むために』

上野毛駅より徒歩1分

歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへお越しください。

TEL 03-3701-0550☎️

 

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.09.04更新

 

ホワイトニング
やったことありますか?glitter2



ホワイトニングを知っているかたは
比較的多いですが
実際にやったことある人は
少ないように思います

 



今回
皆さんがやりたくても
やれていないホワイトニングについて
説明していこうと思います

 ホワイトニング ポスター



歯を白く綺麗にする事で
印象が良くなり
コミュニケーションが円滑に
プライベートもビジネスでも
プラスに働きます

 

 

話をしているときや
笑顔になって
口元が見えた時に
白く綺麗に見えるのと
黄色く見えるのと
どちらが印象がいいと思いますか?

 

o(^▽^)o

 

 

考えるまでもないですが
白い綺麗な歯がいいと
皆さん答えます

 

 

対面した相手の
歯を気にしても
自分の歯の色が周りの人に
どう思われているか

 

これからは
自分の歯、笑顔
気をつけてみてはいかがですか

 



特に、グローバル化が進んでいく現在
海外の方からは歯が綺麗なことは必須条件になっています
歯の色、歯並びが悪いことで
印象を悪くして
プライベート、ビジネス共に
マイナスに働いてしまう可能性があります

 



服装や化粧などはしていても
歯に気を使っている人が少ないように思います

 



これからは
歯に手をかける事が大切です

 



虫歯や口の中に
何か問題があれば
まずは
歯の治療から始めます



矯正となると期間や費用的に
考えてしまいますが
ホワイトニングは、矯正よりも
費用は少なく
やっていただければ確実に
今よりも綺麗になっていきます

 

ホワイトニングの方法としては
2つあり

 

1つ目は
オフィスホワイトニング

 

病院でやる方法で
歯に直接ホワイトニング剤を塗り
光を照射して
短時間に歯を綺麗にする方法です

 ブリリカ

 

メリットとして
1回の治療でできることと
ユニット(席)に座って
お口を開いていれば
治療はできます

 

デメリットは
1回の治療で短時間に行うため
個人差があり
効果が出ずらい可能性があります

 

またもう一つの方法より
強い薬剤を用いるため
しみるなどの
知覚過敏の症状が
一時的にでる可能性があります

 


2つ目の方法は
ホームホワイトニングです

 

この方法は
クリニックで歯型をとり
一人一人にあった
カスタマイズされた
マウストレーを作成し

 

そのマウストレーに
ホワイトニング剤をいれ
歯に合わせて装着します

 

マウストレー

 

装着時間はホワイトニング剤
それぞれに適した数時間から
夜間、寝ている間に装着します

 

期間としては
装着するのが毎日か、1日おきなのかにより
異なりますが
だいたい2週間くらい
1つの目安に使用してもらうと
効果が実感できます

 

 

メリットとして
マウストレーを作っているため
ホワイトニング剤を
買い足してもらえれば
何回でもでき

 

気になった時に
ホワイトニングする事ができます

 


デメリットは
自分でやる必要があるため
習慣化が必要で
忙しかったりすると
なかなか進まない事があります

 

また
オフィスよりも
ホワイトニング剤の濃度など
弱く安全なものを使っているため
すぐには効果が実感できない
可能性があります

 

実際は少しずつ
白く綺麗になっているため
当医院では
ホワイトニングの前後に
写真を撮り
ホワイトニングの効果が
ちゃんと出ている事を
記録して説明しています

 


ご自身では
毎日見ていると
普通になってしまい
効果がわかりずらく
なる事があるためです

 


以上の2つの方法があり
1番おすすめしているのは
2つの方法を行う
デュアルホワイトニングです

 

まずはオフィスホワイトニングを行い
そのあとにホームホワイトニングを
継続して行うやり方で

 

どちらの良いところも
続けておこなう事で
より効果が上がります

 

あとは患者さんの
希望、ライフスタイルによって
選択してもらえれば良いと思います

 


注意することといえば
ホワイトニングをやっている期間は
なるべく
色の濃いもの
(コーヒー、カレー、赤ワインなど)
酸性の強いもの
(コーラ、お酢、炭酸飲料)
は控えていただく事です

 

 ホワイト二ング 注意点

 


思っているよりも
簡単で効果が出る
ホワイトニング

 

ぜひ経験してみてください

 

詳しくは
スタッフにお聞きください

 

 

一人でも多くの人の
早期発見、早期治療に向けて

予防歯科 

 

似顔絵


上野毛のかかりつけ歯科医院
川田歯科クリニック
https://www.kawada-dentalclinic.com/

『いつまでも自分の歯で噛むために』
上野毛駅より徒歩1分
歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへお越しください。


TEL 03-3701-0550 ☎️

 

 

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.07.27更新

《子供の矯正 Q &A》

 

Q:矯正って期間はどれくらいかかるの?

A:△当医院で行なっている取り外しの矯正

    床矯正(SH療法)は

  小さい年齢(小学校低学年)だと

     歯が生え変わり始めた年齢のため

  個人差はありますが

     5、6年はかかると思います。

  ほとんど歯が生えてきている

     中学生で3〜5年はかかります

 

  期間は後の方が歯が生えているため、

     短めになりますが

  なるべく早い時期に始めた方が、

     顎が正常に発育する事ができるため

  少しでも早い時期からの矯正

  口腔育成をお勧めいたします

 

 

  △一般的なワイヤーでやる方法だと、

      小学生の頃の一期治療と

  歯が生えそろってきた二期治療があり

  それぞれ3〜4年はかかります。

  矯正後の歯の後戻りを防ぐ

      保定の期間を入れると

  もう数年かかってきます。

  

  

Q:費用はどれくらいかかるの?

A:一般的な矯正は100万〜かかると思いますが

  当医院の床矯正(SH療法)は40〜80万で

  期間や症例の難しさによって費用が異なります

  当医院は基本的にトータルな治療のため

  1装置でいくらではなく、

  必要な装置を必要な時に使用する

  全てを含めた費用になっています

  

  たまに部分的とか、小さい年齢のため

  装置がちゃんと使えるかわからない場合、

  転勤、移動など特別な事情の場合は

  1装置の費用で対応させてもらっています

 

 

Q:痛みはあるの?

A:ワイヤー矯正の場合、

     一番最初に動かし始めた際は

  数日間痛みもしくは噛みずらい症状がでる場合があります

  また、毎月の調整をした数日間も

      痛みや噛みずらい症状がでる事がありますが

  歯が動いている証拠ですので、人それぞれで

  慣れていくとそれほど苦に感じない事が多いです

 

  取り外しの矯正の場合は

  ワイヤーに比べると痛みは少ないですが

  歯肉のあたりをおす関係で

  口内炎様の傷や痛みがでる場合があります

  その際は、調整するとすぐに痛みが取れる事が多いです

 

  どちらも慣れるまでは

  痛み、違和感などが出る可能性はあります

 

 

Q:矯正治療中に虫歯は大丈夫?

A:ワイヤーの場合、歯ブラシが難しくなるため

  適切な歯ブラシが必要になります

  歯ブラシの仕方、小さい歯ブラシの使用など

  虫歯にならないための指導はもちろん

  場合によりフッ素塗布をお勧めしています

 

  取り外し式の場合

  通常の歯ブラシでそれほど問題ないですが

  どちらの場合も口の乾燥に注意する必要があります

 

 

 

Q:通院間隔は?  

 A:個人差はありますが

  3~4週間(1ヶ月)に1回です

 

 

Q:トラブルがあった場合は予約日まで待つの?

A:取れた、かけた、痛いなど

  問題(トラブル)があった場合は連絡をいただき

  予約日の前に来院いただくか

  アドバイスをいたしますので、まずはご連絡ください

 

 

Q:歯を抜くことはあるの?

A:顎の骨と歯の大きさのバランスにより

  歯を抜いて治療をした方が良い場合があります

 

  なるべく歯を抜かないためには

  少しでも小さい時期から顎を大きくする矯正や

  トレーニングをする事で顎を大きくし

  抜かないで治療を進める事が可能になります

 

 

Q:歯を抜くことの利点、欠点は?

A:顎が小さく歯並びがすでにガタガタの場合

  歯を抜いて矯正する事で全体的に口元が下がって

  スッキリした口元、お顔になる事ができます

 

  欠点としては

  健康な歯であっても、

  上下のバランスのため何本か抜く必要があるのと

  歯を抜いた事で、お口の中の空間が狭くなり

  舌が本来あるべき位置より後ろに下がってしまう可能性が出てきます

 

 

Q:保険は使えるの?

A:矯正は例外を抜いて

  保険外の治療になります

  例外で骨格的な問題がある場合は保険適用の場合もありますので

  ご相談ください

 

 

Q:矯正始めるためにはどうするの?

A:まずは歯並びの気になる事を歯科医院で相談をし

  矯正が必要の場合は

  診査として

  歯型、レントゲン、口の写真、顔や姿勢の写真

  などの資料を取り

  それを基に治療計画の説明を受ける必要があります

 

  治療期間、費用など納得されてから

  矯正治療のスタートです 

 

 

 

一人でも多くの人の

早期発見、早期治療に向けて

似顔絵

 

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

『いつまでの自分の歯で噛むために』

上野毛駅より徒歩1分

歯医者をお探しなら川田歯科クリニックにお越しください

 

TEL: 03-3701-0550

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.07.18更新

 先日、タイトルの

【歯科医療における小児の食事指導】

という2日間セミナーに参加してきました

歯科医療における小児の食事指導 

メイン講師は

多数の出版や講演をしていて

粗食のすすめbook170万部を越す著者の

幕内秀夫先生の2日間セミナーでした

 幕内先生

最近、食育が取りざたされ

栄養士から、または一般から

さらには歯科からも食育、食事指導について

色々な方法が言われていて

全身(心)を忘れた指導に危惧された内容でした

 

歯科からは特に

①食事指導抜きの『間食(砂糖)』指導

②口の中メインの食事指導

上記2つが中心になっているので

口腔だけでなく全身(心)に責任を持つ

食事全体の指導が大切だと力説されました。

 

またサプリメントや

栄養についても様々な本やメディアに取り上げられているが

栄養素が全てではなく

一つの参考で、指針にすると

方向が誤ってしまう可能性があると

 

改めて

咀嚼の重要性に触れ

噛む、咀嚼は大切だが

現在は『咀嚼』しなくなったのではなく

『咀嚼』する必要がなくなっている

 

精米、パン食、軟食など

柔らかいものが多いため

噛みごたえがある食事の指導

これからは必要になってきます

 

 

食生活は家を建てることと同じ

家には土台や柱があり

扉や棚があるが

土台や柱がしっかりしていれば

地震や台風で倒れることはない

 

食生活もそれと同じで

土台、柱を間違わないように

することが大切です

和食

子どもの食生活 10の提案として

まずは最初の6個が柱となるべきである

①しっかり外遊びをさせる

②飲み物は水かお茶

③子供のための食事は作らない

④朝ごはんはしっかり食べさせる

⑤子供のおやつは食事

⑥カタカナ主食は日曜日

 

⑦お米は未精米のもの

⑧食品添加物などは少なく

⑨動物性食品は魚介類を中心に

⑩副食は季節のものを

 

しっかり外遊びをするとお腹が空く

パン食は柔らかく噛む回数が

ご飯などの半分以下になってしまうのと

パサつくものにはジュースや牛乳が必要になり

糖質過多になってしまう

また、その水分でお腹がいっぱいになってしまうことも

 

おやつは甘いものではなく

おにぎりやサツマイモなどにして

栄養補給と考える 

おやつ

現代食ではなく古代食に近い

昔ながらの食事が大切だと

教えてもらいました

 

そんな食事指導の大切さ

広げるために

給食の米飯化にも力を入れています

スポーツなどと一緒で

裾野を広げることで

将来の日本の食習慣

さらには口腔

そして全身の健康のために

活動もしています

 

他の演者の発表としては

幕内先生とリンクをし

 

虫歯予防という観点で

①おやつは時間を決める

②夕食前の1時間は飲食しない

③甘い飲み物を冷蔵庫に置いておかない

 

細かいところは

かかりつけもしくは

当医院にてお聞きください!

 

一人でも多くの人の
早期発見、早期治療に向けて



似顔絵


上野毛のかかりつけ歯科医院
川田歯科クリニック
https://www.kawada-dentalclinic.com/

『いつまでも自分の歯で噛むために』
上野毛駅より徒歩1分
歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへお越しください。


TEL 03-3701-0550telephone

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.07.02更新

【セラミック治療】

セラミック治療

白い詰め物tooth

被せ物の利点について

 

金属との比較

 

最近増えてきていますが

セラミック治療とは

白い被せ物や詰め物のことを言い

それと対比されるものが

金属になります

 

今回セラミックの利点について

動画にて説明していますので

よければご覧ください。

 

p> 

 

セラミックといっても何種類かありますが

今回は白いものと

金属の比較について説明致します

 

まず

セラミックは

金属を使わず、中も外も白く

ご自身の歯に似た色

自然な白さにすることが可能です

 

とても見た目はいいのですが

欠点として

欠けるリスクがあります

 

金属は

見た目はシルバーやゴールドで

きれいではないですが

強度はあるため

問題があれば欠けることはほぼなく

取れることはあります

 

逆に

セラミックは取れるよりも

欠ける可能性が高くなっています

 

特に一番奥の歯など

噛む力が強いところには

要注意です

前歯はとても綺麗で

色が変わることはないため

セラミック治療をお勧めいたします

 

どの治療も

一生のものとは言いがたく

セラミックも金属も

それぞれに特徴があるため

 

患者さん本人が

求めているもの

どうなりたいのかによって

選択が変わると思いますので

ちゃんと相談して決めていただいた方がいいと思います

 

詳しくはスタッフ

もしくは

ドクターに相談してください

 

 

似顔絵

 

 

一人でも多くの人の
早期発見、早期治療に向けて



上野毛のかかりつけ歯科医院
川田歯科クリニック
https://www.kawada-dentalclinic.com/

『いつまでも自分の歯で噛むために』
上野毛駅より徒歩1分
歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへお越しください。


TEL 03-3701-0550

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.06.17更新

「口腔機能発達不全症」
って聞いた事ありますか?



上野毛のかかりつけ歯科医院
川田歯科クリニックです



口腔機能発達不全症とは
簡単に言うと
を中心とした
お口周りの筋肉がしっかり発育していない
状態のことです


口腔機能発達不全症は
歯並びが悪くなったり
鼻呼吸ではなく 口呼吸を誘発しますhun
特に口呼吸が悪化すると
発達障害や成長障害の原因になる可能性があります

 

ひよこ2019 6月

今回このような内容で
2019年 6月号の 「ひよこ」に
0歳からの口腔育成に取り組んでいる歯医者さん
として、全国の歯科医院の中の1医院として
当院も掲載されました


まず
気をつける症状として
・いつも口が開いている
・歯と歯の間に隙間がない
・噛んだ時、上の歯がかぶさり下の歯が見えない
・食べるのが遅い
・柔らかいものしか食べられない
・発音が舌足らず
・いびきをかく
など。気をつける症状を紹介しています

 

ひよこ 内容

口腔機能発達不全症の予防は
乳児期からの哺乳
離乳食の与え方などが重要です



乳児期からの呼吸と嚥下
歯並び 顔貌 姿勢
アトピー 喘息 身長
発達障害などに影響を与えます



幼児期の日常が
成長に影響するため
0歳からの口をはぐくむ

口育」がとても重要ですが



すでに歯並びや
口呼吸などの問題がある時は
そのことを気づいた時から
これからの成長のために
やるべきこと、改善することがあり



幼児期を過ぎてしまっても
遅すぎることはありません

気づいた時からが勝負です

お子さんの
より良い発育 成長のため
輝かしい未来 将来のために

口育」に取り組みましょう

かかりつけの歯科医院での
定期的な検診はもちろん

検診の前でも
お子さんの口腔で気になることがあれば
早めに相談されることをお勧めします

 

 

一人でも多くの人の

早期発見、早期治療に向けて

 

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

『いつまでも自分の歯で噛むために』

上野毛駅より徒歩1分

歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへお越しください。

TEL 03-3701-0550

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.05.12更新

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

 

 母の日のお花

 

少し前になりますが

4月末のゴールデンウィーク中に

日本顕微鏡歯科学会 に参加してきました。

 

天気も良い、ゴールデンウィークの休みの中

多くの歯科医師が知識、技術をUPするため

全国から集まってきていました。

 

今回は

『精密歯科治療を極める』

というタイトルのもと

国内、海外の演者の発表があり

これからの治療の参考になる内容でした。

 16回 顕微鏡歯科学会

 

顕微鏡歯科とは

約20倍に拡大して見ることが出来る

別の呼び方として

マイクロスコープ 

を使った治療の事です。

 

日本国内の普及率は

まだ数パーセントと言われており、

さらに一医院で数台設置している医院もあり

保持している医院数としては

さらにパーセントは下がるものと思われます。

 

 

顕微鏡、マイクロスコープ

歯科医師、術者にとって

治療部位を拡大して

精密な治療を出来るという事だけではなく

 

拡大したところを

録画、撮影し

患者さん、スタッフに見せることができ

説明・インフォームドコンセントや

情報の共有が出来るという

大きな利点があります。

 マイクロ 画像

 

それだけ利点がある

とても良い治療のツールとなりますが

その一方で通常とは異なることがあります

 

その一つは

精密に治療をするため、

余計なことはしなくて良くなりますが

細かく見て、確認できるため

一回の治療に時間がかかることがあります。

 

他には、

通常より細かく繊細な治療をするため

それに適した小さい器具や材料

特殊な機材などが必要となるため

保険では対応できず

費用がかかってきます。

 

約10mmほどの歯を

そのまま見て治療をするのと

それを20倍にして見て治療するのと

どちらがしっかりと治療出来るかは

言わずともはっきりしていると思います。

 

 

そのような

顕微鏡、マイクロ治療は

技術の研鑽が欠かせず

今回も学会に参加してきたところです。

 

今回の内容の一部に

見て治療することの大切さ、

記録の大切さを改めて勉強してきました。

 顕微鏡歯科学会 会場

 

お口の中はとても小さく

口の開く大きさに限界もあるため

ミラーを使ったり、顔の角度を変えたり

いろんなテクニックを駆使して

治療部位をしっかり『見て』

治療することの重要性を痛感しました

 

今回の内容を

日常臨床で

患者さん皆さんのために

提供できるよう研鑽していきます!

 

 

今までの治療とは違った

新たな価値

自分の歯を大切にしてみませんか!

o(^▽^)o

 

 

一人でも多くの人の

早期発見、早期治療に向けて

 

似顔絵

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

『いつまでも自分の歯で噛むために』

上野毛駅より徒歩1分

歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへお越しください。

TEL 03-3701-0550

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2019.03.27更新

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

 

 

歯科訪問診療とは

昔は往診とも呼ばれていましたが

歯科医院に通院が困難な方のために

自宅、施設等に伺って

行う歯科診療です。

 

虫歯の治療だけでなく

入れ歯やお口の中の状態のチェックや

口腔ケアなどを行います

往診バック 

祖父の代から使用

 

 

 

歯科訪問診療の対象となる方は

要介護の高齢者の方

歩くことが困難

脳血管疾患、骨折、認知症などの

通院困難な方が対象です。

 

 

これからは高齢化社会で

通いたくても通えない患者さんが

増えてくることが予想されます。

 

 

お口の中に痛みがあるが通院ができない。

痛いとこがあるがそれを訴えることができない。

認知症で痛みを忘れてしまう

など、様々な問題が出てくる可能性があり

 

ご家族の方や

ケアマネージャー(介護支援専門医)

周囲の方々のサポートも

大切になってきます。

 

 

昔に比べ

診療室に近い器具が増え

自宅、施設でも治療の幅が増えています。

 

例えば、歯を削る道具や

レントゲン機器

水を出しながらの歯周病治療など

診療室に近い治療が可能になってきています

訪問グッズ 

 

しかし高齢化が進む事で

認知症などの、病気の多様化、複数の病気に罹患

服用薬の増加により

歯科治療が困難になることもあります。

 

そのため通院困難になる前の

歯科治療の大切さを理解する必要性が出てきています

 

虫歯治療、歯周病治療、義歯作成

保存困難な歯の抜歯など

 

痛みや腫れで歯を抜きたい時に

服用薬の関係ですぐに抜歯ができない

認知症のため治療の協力を得られない

歯がなくなって噛むところがなくなってしまった

 

このように困ってしまう前に

通院できる間に

できる治療はやっておくことをお勧めします。

 

 

歯科訪問診療は

治療だけでなく、現在の歯を残すためや

口の中を清潔にするための

口腔ケアにも力を入れています。

口腔ケアグッズ 

手が不自由であったり

食べ物が柔らかいことで

お口の中に汚れが残ってしまうと

そこから細菌が増え

誤嚥性肺炎になる率が高くなってしまう

 

その予防のためにも

口腔ケアはとても大切で

歯はもちろん、口腔粘膜や舌苔を綺麗にします

 

口腔ケアをする事で

誤嚥性肺炎のリスクを減らしたり

手術等の入院の期間を減らせることができる

というデータも出てきています

 

他には

飲み込みがしずらい

むせてしまう

など飲み込みの機能が落ちてきた人には

摂食・嚥下機能の訓練なども

歯科訪問治療の一つです

 

機能訓練は

個人個人に合わせた訓練が必要で

機能が弱っている所をまずは調べるところから始まります

 

噛む力が弱いのか

姿勢の問題なのか

飲み込みの力が衰えてきているのか

 

弱っているところに対しての

機能訓練が必要です。

 

 

費用については

基本は、医療保険の適用で

場合により、介護保険が適用されることがあります

 

まずは

心配やお困りのことがあれば

かかりつけの歯科医院に

ご相談することをお勧めいたします

 

 

 

一人でも多くの人の

早期発見、早期治療に向けて

 

似顔絵

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

『いつまでも自分の歯で噛むために』

上野毛駅より徒歩1分

歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへお越しください。

TEL 03-3701-0550

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

前へ

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog