ブログ

2020.11.09更新

その歯のメインテナンス大丈夫ですか?2


メインテナンス
どれくらいの期間で
どのような方法で
歯のヨゴレ取り
クリーニングをしていますか?

 

前回1で期間の話をしましたので
今回クリーニングの方法について
書いていきます

DHメンテ


歯のクリーニングには色々な方法がありますが
よく行われているのが
超音波という機械で
水を出しながらプラーク、歯石を取っていく方法があります

 

よくやる方法ですが
人によってはしみたり、痛いと感じる場合があります。

 

しかしその方法だと
歯を傷つけている、削っている
可能性があることを知っていますか?

 

初めて来院される方で、そのやり方でないと
汚れが取れないと思い込んでいる方がいらっしゃいます。

 

全てを超音波の機械で汚れを取ることは
歯を傷つけている可能性があるため
当医院はその方法よりも
なるべく歯を傷つけない方法を採用しています

歯石や汚れが強くついている場合は
超音波の機械は使いますが
最終的には歯の表面を磨くことで
汚れがつきずらく、虫歯・歯周病になりにくい方法を取り入れています

 

それ以外にも
パウダー状のものを吹き付けて
歯を傷つけずに汚れを取る方法をしています

予防先進国では
パウダーでやることが多いようです

PMTC ペースト 


自分の歯を長く使っていくためには
歯に優しく
歯を削らない方法がいいと思いませんか?

 

歯は皮膚とかとは異なり
削れることはあっても修復されることは多くありません

 

微細な傷であれば
唾液に含まれる成分や
フッ素洗口、フッ素入りの歯磨き粉などで
再石灰化は期待できます!

しかし、大きく傷ついてしまうと
元には戻りません


いつまでも自分の歯で噛むためには
歯を削らないことが大切で
クリーニングで気をつけるのはもちろん
毎日の歯ブラシも優しくし

虫歯になるべくならないようにする
すぐに歯科医院で削らない
そういう歯科医院にいくことも大切かもしれません

 

歯は削ったら後には戻りません
虫歯や痛みで仕方なく削ることはありますが
天然の歯が一番です


汚れがついたら汚れを取る
という対象方法ではなく

汚れがつかないように
予防する方法へシフトした方が
歯を長く清潔に保てます


これからは病気になって
痛い思いして治療するのではなく
病気にならないように
日頃から気をつけ
予防メインテナンスをしていきませんか?

 

 

上野毛の歯医者なら

川田歯科クリニックへ

 

世田谷区上野毛の歯医者

歯を大切にする歯医者

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

telephone03-3701-0550

ご連絡お待ちしています!!

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2020.10.25更新

その歯のメインテナンス大丈夫ですか?


歯のメインテナンス
歯の定期検査
していますか?


「歯のメインテナンスはどれくらいで受ければいいの?」

皆さんが疑問に思うところかと思います

答えは


人それぞれです。

ただそれだと分かりにくいので
目安を言うと

メインテナンス

 

大人の歯が生え切る前のお子さん(中学生までくらい)は
2〜3ヶ月に一回がいいかと思います。
何故なら、まだ自分で歯ブラシをちゃんとやれなかったり
生え変わりの時期なので
歯が磨きずらい、歯が出たてで弱い
などいろいろな原因で虫歯になりやすいからです

 

20〜40歳の方で
虫歯が少なかったり
歯茎から出血が少ない
歯茎が腫れない
なら6ヶ月に一回でも大丈夫だと思います

何故なら
歯ブラシはある程度できて
虫歯歯周病になるリスクが少なく
免疫力も高いから
6ヶ月に一回でも虫歯・歯周病になりずらいと思います。

より良い状態で過ごすためには
3〜4ヶ月に一回がオススメです。

 


40歳以上の方は
免疫力の低下
筋力の低下、口の乾燥
虫歯・歯周病リスクの増加があるため
3〜4ヶ月に一回
もしくは毎月のクリーニングも一つの方法だと思います

 

しかし、日本の保険は基本的に疾病の保険のため
保険のルールではいろいろな制限があるため

自分の歯をいつまでも大切にするためには
保険のルールに縛られない
自分の歯にあったメインテナンスの間隔で
かかりつけ歯科医院に通うことをお勧めいたします

メンテナンス


歳をとり
筋力が衰えて
最後に残る楽しみは
【食べること】です。

食べるためには
歯がしっかりしていないと
ちゃんと噛めません

 

今はわからないかもしれませんが
歯がない、歯が動くことによる
噛めないことの不満は
生きる意欲もなくしてしまう可能性がありますし

 

自分の歯で噛むことで
脳への刺激がいき
認知症になるリスクの低減
さらには糖尿病、脳梗塞、心疾患
などあらゆる病気のリスク低減になります!

歯があってしっかり噛めることで
効果を発揮します

 

気付いた今から
自分の歯、全身の健康のために
メインテナンスに通いませんか

 

 

 

上野毛の歯医者なら

川田歯科クリニックへ

 

世田谷区上野毛の歯医者

歯を大切にする歯医者

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

telephone03-3701-0550

ご連絡お待ちしています!!

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2020.09.22更新

ちゃんと寝られていますか?

お子さんのいびき大丈夫ですか?

歯科から見る睡眠障害・呼吸困難の原因

お口の問題で睡眠障害・呼吸困難になっているかもしれません。
いびき、昼間の眠気などありませんか?

 

https://youtu.be/74mIHiNjAdg

睡眠障害

 

歯並び、舌の位置が悪いことで
気道が狭くなり
しっかりとした呼吸ができてないと
様々な問題が出てきています

大人も子供も
歯並びを治して
舌の筋肉も鍛えて
40歳以降に備えませんか?

 

 

上野毛の歯医者なら

川田歯科クリニックへ

 

世田谷区上野毛の歯医者

歯を大切にする歯医者

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

telephonetelephone03-3701-0550

ご連絡お待ちしています!!

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2020.09.21更新

歯を抜かない

ための矯正とは?!

 

歯を抜いたり削ったりしたい人は

いますか?

 

自分がやりたくないことを

歯がキレイに並ぶからといって

お子さんに強制していませんか?

 

時には歯を抜く必要はありますし

歯を抜いた方が良いこともありますが

 

子供の必要な時期に

必要な方法を行うことで

歯を抜かずに歯並びが良くなるとしたら

良いと思いませんか?

 

 

下記の動画をご覧ください

https://youtu.be/SPEa-5P4yS0

 

歯を抜かないサムネ

 

あごを大きくして

歯並びを改善することで

見た目がキレイになるだけでなく

呼吸・睡眠の改善にもつながり

 

しいては

身体の成長、精神の安定

いびきの改善など

身体にとって良いことが起こります!

 

子供の将来・未来のために

子供の時期の矯正をしてあげませんか?

 

 

 

上野毛の歯医者なら

川田歯科クリニックへ

 

世田谷区上野毛の歯医者

歯を大切にする歯医者

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

telephone03-3701-0550

ご連絡お待ちしています!!

 

 

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2020.09.08更新

虫歯にならないためのポイント!!

縦磨き?横磨き?

 

歯ブラシの方法は聞いたことがあるかもしれませんが

ちょっとしたポイントと

もしかしたら聞いたことがないやり方を

説明しています

 

よければ下記動画もご覧ください

https://youtu.be/i-2ZzEziPo8

 

歯ブラシのポイント

 

 

歯ブラシは

優しく小刻みに

そして1本から2本磨くつもりでお願いいたします

 

特別なポイント

歯には溝があるため

その溝に沿わせて磨くこと

大切なポイントになります

 

虫歯にならないポイント!

常に意識してみてください

 

日々の歯ブラシがしっかり出来ていると

歯科医院に必要以上に通う必要がなくなり

長期にわたってお口の中を

良い状態に保つことができます!

 

 

上野毛の歯医者なら

川田歯科クリニックへ

 

世田谷区上野毛の歯医者

歯を大切にする歯医者

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

telephone03-3701-0550

ご連絡お待ちしています

 

 

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2020.09.03更新

子供の歯並びをキレイにする

ガタガタ歯並び改善

 

子供の歯並び気になりませんか?

歯並びをキレイにするためには
適切な時期があります

特に歯を抜きたくないお子さんのためには
6歳〜9歳の間に始める
アゴを大きくする矯正が有効的です!

 

身体の成長とともに

顎も成長しています

 

矯正は大人になってから

いつでもできる歯並び改善方法ですが

歯を抜かないためには小さい時期からの矯正が重要です

 

 下記動画もご覧ください

 子供の歯並び

 

https://youtu.be/hXjUIHUAFfw

 

歯がでてきてから

あとで と思っていると

歯を抜かないといけなくなります

 

歯を抜いてしまうと

お口の中のスペースが狭くなり

ベロの居場所がなくなります

 

そうするとベロがノドの方に垂れ下がり

呼吸に影響し

特に寝ている間のいびき

睡眠時無呼吸症候群になる可能性が高くなります

 

お子さんの将来のためにも

早い時期からの矯正をお勧めします!!

 

特設サイトはこちら⇩ 

https://peraichi.com/landing_pages/view/kawadadental0550

 

 

上野毛の歯医者なら

川田歯科クリニックへ

 

世田谷区上野毛の歯医者

歯を大切にする歯医者

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

telephone03-3701-0550

ご連絡お待ちしています

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2020.08.26更新

口臭対策!!

舌ブラシの使い方

 

口臭対策

 

 

 

 

口臭にはいろいろな種類があり
それぞれ対策は異なりますが
ほとんどの場合に効果、改善がみられる方法として


【舌磨き・舌ブラシ】があります

注意すべきことはありますが
動画をみていただき
正しく舌ブラシを使ってみてください

 

これからマスクの影響もあり
口が開いてしまう方が増え
口臭も増えてきますので是非お試しください

 

お子さんの間でも

口呼吸になってしまうため

口臭を気にされる親御さんも増えてきています

 

気になれば

まずは歯科医院で検査するのがいいですが

難しい場合は動画を見ていただき

無理しないように

舌ブラシを使ってください!

 

ペロリーナ

 

 

上野毛の歯医者なら

川田歯科クリニックへ

 

世田谷区上野毛の歯医者

歯を大切にする歯医者

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

telephone03-3701-0550

ご連絡お待ちしています

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2020.08.25更新

マスクの中は?

4つのリスクが高くなってきています

 

マスク 動画

 

マスクの中ってどうなっていますか?

 

気づかない間にお口が開いていませんか?

 

今の暑い時期は

呼吸が苦しくなるため口が開きやすくなります。

マスクの中で約6割の方がお口が開いていると言われています

 

特にお子さんは

よく運動するので口があく確率は高くなります

 

口が開いてしまう事で

4つのリスクが上がり

様々な問題が起きてしまいます

 

1.口臭

2.口の乾燥

3.虫歯

4.歯周病

この4つが増えてきています

 

今回のコロナから考えると

2月3月からマスク生活なので

これからお口の中のトラブルが増えてくるのが急増すると言われています

 

すでに当医院にも

口臭の増加

歯周病の悪化

口の乾燥による味が感じずらい

舌が痛い、ヒリヒリする

飲み込みがしずらい

という方の来院が増えています

 

今まで歯科の治療を控えていた方

メインテナンスをしていない、期間が開いてしまった

そんな方達が

その時のツケが回ってきているのではないかと思われます

 

歯科の治療は急を要しないかもしれませんが

不要ではありません!!

 

歯がある事で毎日の食事ができますし

話をすることができる

 

食事ができなければ生命維持は難しく

もし食事ができず、話ができなければどうなってしまいますか?

 

そこをよく考え

かかりつけの歯科医院との関係を築いていく必要があります

 

 

顔絵 

 

上野毛の歯医者なら

川田歯科クリニックへ

 

世田谷区上野毛の歯医者

歯を大切にする歯医者

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

telephone03-3701-0550

ご連絡お待ちしています

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2020.08.03更新

アフターコロナ、withコロナで心配なこと


虫歯、歯周病の悪化
フレイル
社会的孤立
誤嚥性肺炎のリスクアップ
口腔機能低下症

フレイル 


皆さん、元気に過ごせていますか?
口の中に不具合はないですか?
身体に不具合はないですか?

 

今回新型コロナウイルスの影響で
外出自粛、マスク着用などでお疲れのところだと思います

感染拡大防止、予防のために自粛やマスクはとても大切です
しかし、その影響で口の中や身体に不調をきたしている人
急増しています

 

 

まずは、マスク
マスクをする事で外からの感染リスクを少なくしたり
自分から周りに感染させるリスクを減らす事ができ
大切な事だと思います。

 

しかしマスクをしていると呼吸が苦しくなり
口を開いてしまう事が多くなります
特に、お子さんは多く動いたりする事で
口が開いてしまいます

 

お口ポカンになる事で
口の中が乾燥してしまいます。
乾燥すると虫歯、歯周病、口臭になる可能性が高くなります

 

対策としては
マスクを外したらうがいはもちろんのこと
口の中をぶくぶくゆすぐ事が必要です

口臭を防ぐために口をゆすいだり
舌を動かす体操や、よくお話をして口を動かすのもいいですが
場合によっては舌に専用のブラシを使った方がいいこともあります。

子供マスク


他には外出を控えることで
人と接する機会が少なくなり、社会的孤立や
身体を動かす事が減るため
フレイル、筋肉の衰え、それによる転倒などの怪我が心配されます

 

さらに話す機会も減るため
口の筋肉が衰えて
噛むことや、飲み込むこと、むせるなどの
口腔機能低下症などの機能低下が増加して
誤嚥性肺炎のリスクもアップしてしまいます

 


誤嚥性肺炎を予防するには
お口周りの筋肉のトレーニングや
嚥下のトレーニングが重要です

嚥下 誤嚥 

抜け落ちているのは
お口の中を綺麗にすることです!

歯石、プラーク、汚れ、舌の汚れ
それが食べ物、飲み物と一緒にノドにいき
誤嚥した結果が誤嚥性肺炎になってしまいます。

毎日の歯ブラシはとても大切ですが
それでは取りきれない汚れがあります

 

稀に患者さんで
私は歯ブラシちゃんとしていて汚れや歯周病はありません
という方がいらっしゃいますが、本当ですか?

 

20歳以上の方の70〜80%が歯周病というデータがあります
軽度、重度など幅はありますが
10人のうち8人が歯周病と言われていますので
自分が歯周病になっているという前提でいる方が自然だと思います

取りきれない汚れは
歯科医院でクリーニングする必要があります

 

 

外出自粛などはありますが
クリーニング、歯科治療は必要な事で
今やらなければ、あとで虫歯、歯周病が進んで取り返しがつかないことになります

 

ご飯が食べられなければ
人は生きていけません。

1日3回の食事、おやつ
会話をする、飲み込む

歯科の重要性が高まってきています

 

ご自身の身体のために
かかりつけ歯科医院を利用ください

 

似顔絵

 

 

上野毛の歯医者なら

川田歯科クリニックへ

 

世田谷区上野毛の歯医者

歯を大切にする歯医者

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

telephone03-3701-0550

ご連絡お待ちしています

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

2020.06.17更新

6/13の診療後

6時間以上かけて

専門業社による

抗菌、除菌、院内清掃を行いました

 

抗菌、除菌

抗菌作業

 

 

患者さん、スタッフの

安心、安全のために!

 

院内の感染予防対策はしっかりやっていますので

安心してご来院ください

 

3蜜を防ぐために

診療制限も継続しているため

急な来院時は

まずは電話で確認くださいtelephone

 

上野毛の歯医者なら

川田歯科クリニックへ

 

世田谷区上野毛の歯医者

歯を大切にする歯医者

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

telephone03-3701-0550

ご連絡お待ちしています

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

前へ

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog