ブログ

2021.04.20更新

お口ポカン

「お口ポカン」
していませんか?
もしくはお子さん、ご家族の中で
口が開きっぱなしの人はいませんか?

 お口ポカン

数年前から
口を閉じず
口が開いてしまっている人が
増えてきています!!!

 

口が開いてしまっていることで
見た目がボーっとしてしまったり
風邪をひきやすい
集中力が足りない
ご飯を食べるのが遅い
食べこぼしする
口、唇が乾燥している
虫歯ができやすい
歯に着色がつく
夜尿しやすい
などなど

いろんな問題が出てきます


では何故
お口ポカンになってしまうのでしょうか?

 

原因はたくさんありますが
まずは「癖」で小さい頃から 口が開いてしまう
鼻が詰まっている
耳鼻科領域の疾患がある
口周囲の筋肉が弱い
歯が出っ歯
など
複数の原因が重なって起こっている
こともあります


鼻から空気を吸う場合
口から呼吸する場合
鼻からの呼吸の方が酸素の取り込みが多く
鼻毛や扁桃腺などが
汚染空気、ウイルスなどから
体内に入るバイキンをろ過してくれて
乾燥やウイルスなどから防御してくれます

 

今の時期であれば、コロナウイルスや
インフルエンザ、風邪、花粉
などからも体を守ることが可能になります

マスク子供
口呼吸を改善するために
➀鼻や花粉症など、耳鼻科領域に疾患(病気)
がないか確認する
➁歯並び、出っ歯の確認
③癖の確認(唇をかむ等)

今起こっている原因を探すのと
すぐできる方法として
お口周囲筋肉の筋トレが必要になります


よく説明している方法の一つに
「あいうべ 体操」があります
あ お口を大きく縦に開く
い 口を大きく横に開く
う 口をすぼめる
べ ベロを思い切り前に出す

あいう でお口周りの筋肉を使い
ベー でベロの力を鍛える

 

ベロベー

1日30回という目安はありますが
実際は10回でもよく
ちゃんと力を入れて
疲れるくらいの勢いでやる必要があります

 

お口周りもベロも
筋肉なので
体を鍛えるのと一緒で
疲れるほどしっかり動かし
継続することが大切です

筋肉は使わなければ
衰えてしまいます

 

この筋トレをすることで
お子さんは口が閉じられるようになり
歯並びが改善することがあります

 

高齢者の方は
飲み込みや食べるときの食べこぼしの改善
さらに唾液が出やすくなるので
口の乾燥を防ぐ効果や
虫歯の予防
誤嚥性肺炎の予防にもなります

 

それ以外の年齢の方にも
アンチエイジング効果で
ほうれい線の改善
唾液が出ることで口の潤い
唾液による口内の殺菌
いびきや睡眠時無呼吸症候群の
予防や改善が期待できます

 

あいうべ 体操は
場所を選ばず
器具も不要のため
いつでもどこでもやることができ
やることのデメリットは特になく
メリットがたくさんある
素晴らしい体操(筋トレ)です

 

他には
舌のトレーニングや
唇のマッサージなどで
口を閉じやすく
お口ポカンの予防、改善をすることができます

まずはできることから
始めていきませんか!


『自分のため
お子さんのため
大切な家族のために』

 

来院いただければ
もっと詳しく色々な
サポートをしていけると思います


世田谷区上野毛
上野毛のかかりつけ歯医者

https://www.kawada-dentalclinic.com/

電話 03-3701-0550

矯正用のHPもあります

https://kyousei-kawada-dc.jp

 

お気軽にご連絡ください。

   

 

投稿者: 川田歯科クリニック

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog