ブログ

2019.09.04更新

「いびき」とは

睡眠時の呼吸に伴う

雑音のこと

 

いびき 絵

 

睡眠中は全身の筋肉が緩み

舌を含む喉の周りの筋肉も緩みます

 

 

寝ることで舌が重力で下に落ち込み

気道がより狭くなり

そこに空気が通ると

周囲の組織が振動して

いびきが起こります

 

 

いびきには2種類あり

単純性いびき

鼻ずまりや疲労、飲酒、風邪などが

原因の一時的ないびき と

 

 

睡眠時無呼吸を伴ういびき

常時いびきがあり

他人から指摘されることもあり

大きい場合は騒音に近く

放置しておくと

悪化して他の病気も

併発してしまう可能性があります

 

 

睡眠時無呼吸で考えられる問題は

交通事故、突然の眠気

集中力の低下、疲労感

夜間頻尿、寝相が悪い など

様々な症状が現れてきます

 

睡眠時無呼吸 ポスター 

 

睡眠時無呼吸症候群

Sleep Apnea Syndrome (SAS)

寝ている間に何回も

呼吸が止まる病気

 

医学的には

10秒以上の呼吸停止

無呼吸として

無呼吸が一晩に

30回以上

もしくは1時間あたり

5回以上あれば

睡眠時無呼吸と判定されます

 

いびきは周りの方に

気づいてもらいやすいですが

寝ているあいだの無呼吸

なかなか気づきにくく

 

そのため

検査、治療を受けていない

多くの潜在患者がいるとされています

 

睡眠中に呼吸が止まってしまう

原因は大きく分けて

2つあリます

 

1つ目は

空気の通り道が狭くなり

呼吸が止まってしまう

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)

 

2つ目は

呼吸中枢の異常による

中枢性睡眠時無呼吸(CSA)

 

約9割が

閉塞性睡眠時無呼吸 (OSA)です

 

気道の通り道が狭くなる

要因は後ほど説明します

気道閉塞 

 

SASは

太った男性がかかる病気という

イメージがあるかもしれませんが

太っていなくても

痩せていても

女性でもかかる病気です

 

さらには

子供にも1〜4%いるとされています

 

子供の場合

扁桃が肥大して

空気の通り道を

狭くしている場合か

顎が小さい場合が

ほとんどである

 

症状としては

眠気が現れるのは少なく

集中力が低下したり

イライラしたり

落ち着かない事が多い

 

いびきが

学校の成績に影響を与えるとも言われています

 

睡眠を改善すると

身長が伸びたり

体調が良くなったり

心の落ち着きが出たりするのを

期待できます

 

 

スッキリ 

 

SASになりやすい形体的特徴は

首が短い

首が太い

首回りに脂肪がついている

下顎が小さい

下顎が後退している

歯並びが悪い

舌が大きい

 

扁桃腺が腫れている

口で呼吸している

など

 

半数に近い内容が

歯科と関わりが深い

というのがよくわかると思います

 

 

【歯科からのアプローチ】

歯科からのまずできることは

鼻で呼吸するために

舌を含めた口周りの筋肉を鍛えること

 

口を閉じる

習慣化のための

口テープ

 

この2つを

まずアプローチします

 

 

そのほかには

顎を大きくする矯正

睡眠時無呼吸のためのマウスピース

がありますが

マウスピースは

医科からの紹介があってから

作成する事ができます

 

ですので

簡単な処置や

舌、口周りの筋肉の

検査、診査

トレーニングはできますが

 

 

より詳しく

正確な診断のためには

医科(耳鼻咽喉科)

検査が必要になってきます! 

 

 

問診

簡易検査

精密検査などがあり

 

 

重症の場合は

CPAP療法が第一選択になります

 

CPAPは

鼻に装着したマスクから

気道へ空気を送り続けて

気道を広げる装置になります

 CPAP

 

 

軽度の場合は

歯科で作成する

マウスピースが選択される場合があります

 

人それぞれにあった装置があるため

まずは医科での正確な検査をしてから

治療に進むことになります

 

 

たまに重症の場合でも

CPAPが合わず

マウスピースになる方や

その逆もあります

 

ほかには

CPAPが旅行などでは

持ち運びが難しいため

持ち運ぶために

マウスピースを作られる方も

いらっしゃいます

 

たかが「いびき」

と思わず

自分の身体、精神のために

自分の将来、子供の成長のためにも

気になる場合は

お気軽に相談されることをお勧めします(^^)

 

 

 

一人でも多くの人の

早期発見、早期治療に向けて

 

 

似顔絵

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

『いつまでも自分の歯で噛むために』

上野毛駅より徒歩1分

歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへお越しください。

TEL 03-3701-0550☎️

 

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog