ブログ

2019.06.17更新

「口腔機能発達不全症」
って聞いた事ありますか?



上野毛のかかりつけ歯科医院
川田歯科クリニックです



口腔機能発達不全症とは
簡単に言うと
を中心とした
お口周りの筋肉がしっかり発育していない
状態のことです


口腔機能発達不全症は
歯並びが悪くなったり
鼻呼吸ではなく 口呼吸を誘発しますhun
特に口呼吸が悪化すると
発達障害や成長障害の原因になる可能性があります

 

ひよこ2019 6月

今回このような内容で
2019年 6月号の 「ひよこ」に
0歳からの口腔育成に取り組んでいる歯医者さん
として、全国の歯科医院の中の1医院として
当院も掲載されました


まず
気をつける症状として
・いつも口が開いている
・歯と歯の間に隙間がない
・噛んだ時、上の歯がかぶさり下の歯が見えない
・食べるのが遅い
・柔らかいものしか食べられない
・発音が舌足らず
・いびきをかく
など。気をつける症状を紹介しています

 

ひよこ 内容

口腔機能発達不全症の予防は
乳児期からの哺乳
離乳食の与え方などが重要です



乳児期からの呼吸と嚥下
歯並び 顔貌 姿勢
アトピー 喘息 身長
発達障害などに影響を与えます



幼児期の日常が
成長に影響するため
0歳からの口をはぐくむ

口育」がとても重要ですが



すでに歯並びや
口呼吸などの問題がある時は
そのことを気づいた時から
これからの成長のために
やるべきこと、改善することがあり



幼児期を過ぎてしまっても
遅すぎることはありません

気づいた時からが勝負です

お子さんの
より良い発育 成長のため
輝かしい未来 将来のために

口育」に取り組みましょう

かかりつけの歯科医院での
定期的な検診はもちろん

検診の前でも
お子さんの口腔で気になることがあれば
早めに相談されることをお勧めします

 

 

一人でも多くの人の

早期発見、早期治療に向けて

 

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

『いつまでも自分の歯で噛むために』

上野毛駅より徒歩1分

歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへお越しください。

TEL 03-3701-0550

 

 

投稿者: 川田歯科クリニック

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog