ブログ

2019.03.04更新

子供の歯並び ガタガタ?!重なっている 

について

 

上野毛の歯医者

川田歯科クリニック です

 

お子さんの歯並びで

困っていることはありますか?

 子供歯並び 叢生

 

何年も前から

歯並びが気になる

ガタガタしている

後ろから歯が生えてきた

という心配や気になる声が増えてきています。

 

 

先日、保育園の先生より話を聞くことがあり

現在の保育は、色々な考えややり方はあるが

成長のために、体をめいいっぱい動かすことと

栄養に関しては一生懸命やっている。

しかし、そんな子供達でも

歯の並びがガタガタの子は増えている

という話をされていました

 

 

歯医者の立場からしても

歯並びがガタガタのお子さんや

噛み込みが深く、下の前歯が見えない

お口がぽかんとあいている

など、お口に問題を抱えている子が増えている

と実感しています。

 山東こども園 園長

 < 「子どもの未来を拓く」著  

  山東こども園 園長    村上 千幸 先生  >

 

 

色々な原因はあるとは思いますが

一つには、顎の成長・発育の不全

が考えられます。

 

大人の歯(永久歯)は

子供の歯(乳歯)の

1.5〜2倍にもなる大きな歯で

 

その歯が生えるためには

顎が大きいこと

子供の歯並びの時に

隙間があることが重要

そのため

 

『すきっぱ』 が正常です

 

しかし、現在は

食べ物が柔らかかったり

食べやすいように小さく与えてしまうため

顎の成長が促されず

顎が小さく、隙間もない子達が増えています。

 

小さい時に

歯並びが綺麗だと可愛く見えますが

成長を考えると大変な問題です。

 

 

下の前歯の裏側に

歯が生えてきても

顎は正常で、位置だけの問題ならば

舌の力で前に押され

本来の位置に並んでくれます。

 

歯は

顎の大きさ

舌の位置、力

唇の力、閉じている

のバランスで並んでいます。

 

どれかが欠けてもいけないため

歯並びを改善するには

矯正や、お口のトレーニングがあり

個々にあった方法で行う必要があります。

 

 

しかし、出来ることなら

6歳になる前、

歯が生える前

さらには

0歳、マイナス0歳の時に

 

お子様の将来のために

まずはお母さんの

お口の改善、歯の知識の向上

が必要になります。

 

 

歯が出てきてガタガタだと、

矯正もしくはお口のトレーニング 

が必要になる可能性が高いですが

 

その前であれば

『噛む食育』

で顎の成長を促すことができます。

 

 なるべく硬いものを噛ませる

小さくでなく、噛みちぎれるサイズのものをだす

など

 

しっかりと噛む食育をすることで

お口の成長はもちろん

体、心の成長を促し

さらに目の視力の向上にもなる

ことがわかってきています。

 

 

これからの

お子様の成長、将来のために

噛む食育

歯科との関わり

を持つことをお勧めします!

 

 

かかりつけの

歯科医院にご相談ください。

 

  

 

 

一人でも多くの人の

早期発見、早期治療に向けて

 

似顔絵

 

上野毛のかかりつけ歯科医院

川田歯科クリニック

https://www.kawada-dentalclinic.com/

 

『いつまでも自分の歯で噛むために』

上野毛駅より徒歩1分

歯医者をお探しなら川田歯科クリニックへお越しください。

TEL 03-3701-0550

 

投稿者: 川田歯科クリニック

家族みんなの「かかりつけ医」を目指して

お子様の歯についてささいなお悩みもまずはご相談ください

  • tel_03-3701-0550.png
staff staff blog